« 「純と愛」を観ながら「これでいいのか?NHK」と思うこの頃 | トップページ | 体罰肯定派の主張を中心に考えてみたのだが、、、 »

2013.01.14

そうだ 真岡に行こう!!!

今日は雪。
折角の成人式が雪で、晴れ着の新成人も沢山いらしただろうに、、、

でも、
雪にめげず、素晴らしい門出となりますように、パソコン前からですが、
お祈り申し上げます。


さて、こんな今日の雪とはうって変わって、昨日はポカポカ陽気でした。
窓からさす日の光を見ながら夫とどこか行こうか、、、
そうだ、真岡に行こうとなりました。
以前、北海道、ナイタイ高原牧場に行ったのですが、その時もNHKのBS「こころ旅」を観て、
決めましたが、
今回も夫が「正平さんが行った、あの真岡駅にSLを見に行こう」と提案。
「それいいね」と私もすぐにのりました。
ネットで詳しくSLについて調べた夫は「午後の3時に真岡駅にSLが着くよ」と言うのです。
えええ、、
今でも走っているの?
うん、土曜日と日曜日、祝日。
うわっ〜〜〜
そりゃ行こう。
私は「てっちゃん」ではないのですが、
それでもSLってなんだかロマンがあり、心がセピア色になり、静かな興奮を呼ぶように思います。

と、言う事で風邪気味ながら、
重装備をして一路、真岡へ。

着いたときは少し、早かったのか、まだ駅には人もバラバラ。
駐車場も空いていてラッキー!!!
真岡駅は本当に蒸気機関車の姿をしていました。
正平さんが紹介していたのとソックリ。
当たり前のことに感激。ははは
8379059942_2ba6da5db5_m

トイレに行ったり、待合所でノンビリしていたら、
いよいよ3時過ぎ。
駅にも段々人が増えてきます。

私もみんなについて駅の構内へ。
8379058780_3f27a81051_m


そのうち駅員さんが「もうすぐ汽車が入ってきますので、黄色の線までお下がり下さい」と連呼。
それを聞いてみんな少しだけ後に下がります。
「黄色の線より下がれって言っただろう」「線の上ならいいよ」と後ろの男の子たちが軽く言い争い。
思わずクスリ。

そして待つ事、10分。
やってきました、
やってきました。
煙を吐きながら。
シュ〜〜〜シュ〜〜〜ポポ。
ドンドン。
と、汽車は駅に滑り込んできます。
私はカメラを持ってパチリパチリ。
パチり。
8377993693_d2686a273f_m


真岡駅には10分止まるので、
みんなはカメラを持ってパチパチ。
8377994421_ff0cfa0bc1_m

8379073160_c9a57cab08_m

8377999135_fd6b11233e_m


機関車室の中もパチリパチリ。
イケメンの機関士さんがモデルのように立ってくれて絵になります。

8379082072_89d8a51c3b_m

8378007197_6c58cf5c62_m

8378008849_187baeb728_m

8378009477_d8018e7acb_m


構内は乗る人、送る人、カメラを撮る人で、いっぱいに溢れています。

やがて、煙突から真っ黒な煙が出て、
凄い音がして、
機関車は私たちの前からゆっくり、ゆっくりと出て行きました。

8379099316_6f198d2ecc_m

8379100134_f11be686e8_m

8378024495_584275e5c4_m

8379104514_9c4b608609_m

8379110328_01fed71ea0_m

8379111508_3e04c5cd22_m

シュッポ、シュッポ。
ズドン。
ガタン、ゴトン、、、
その音と煙を見ながら、なんだか涙が出ました、、、
バイバイ、C1266。
素敵な旅を。

一通りの写真を撮ったあと、
「うわ、、、私、てっちゃんになるかも」
と、夫に大きな声で言いました。
そうだ、
今度は会津に行こう!!!
山口にも行きたい。
夢は大きく広がりそうです。
8379091910_da7e7777a2_m


|

« 「純と愛」を観ながら「これでいいのか?NHK」と思うこの頃 | トップページ | 体罰肯定派の主張を中心に考えてみたのだが、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/56539858

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ 真岡に行こう!!!:

» 内田樹さんの講義 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
お玉は、昨年秋から神戸女学院の先生達4人で作る哲学関連本のお勉強と録音のため 神戸女学院に毎週一度通っています。 題名は「知への好奇心」 取り上げているのは プラトン、スピノザ、マルクス、そして...... [続きを読む]

受信: 2013.01.15 13:04

« 「純と愛」を観ながら「これでいいのか?NHK」と思うこの頃 | トップページ | 体罰肯定派の主張を中心に考えてみたのだが、、、 »