« 日本銀行の働き | トップページ | 新しい季節 »

2013.03.18

「渡されたバトン」と言う映画を観ました

「渡されたバトン〜さよなら原発〜」」という自主制作の映画を観ました。
あらすじは公式ホームページに詳しく掲載されています。
日本のどこにでもある漁村。
過疎化が進んでいる中、人々がなんとなく元気も無く覇気もない町に、
突然、原発を誘致しようと電力会社が「町おこし、村おこし」の御旗を掲げてやってきます。
利害がからみ、
それぞれの思惑が交錯して、
町は二分するのですが、
そうこうするうち、1979年のスリーマイル島原発事故、1986年チェルノブイリ原発事故が相次いで起こり、
町民の反応は次第に原発への不審につながり、
最後は電力会社も誘致を諦めた、
と、言う話です。
実際にあった話なので、説得力もあり、
福島の事故を体験した今、原発が安全だとか、原発が町おこしになるとは誰も信じませんが、
当時(1968年から25年間)の現状を思うと、この町の人々は素晴らしい先見性があったと思いました。
原発はいらない。
本当にそう思うものです。
新しい原発は絶対にいらない。

ただ、今、ある原発はどうしたらいいのか、、、
その対応については、私個人はまだ結論は出していません。
再稼働は急ぐべきではないと思います。
少なくとも今の政府の方針であさっりと「安全宣言」されて再稼働へと進むのは、
とても不安です。
が、
だからといって、
このまま、ずっと眠らせておくだけというのも、どうなんだろうと、
悩むのです、、、

ウウウム。

いずれにしても、今、はっきりと言える事は、
新しい原発は絶対に必要ない、
と、言う事です。

|

« 日本銀行の働き | トップページ | 新しい季節 »

コメント

投稿: 罵愚 | 2013.03.19 16:17

今度載せる予定です。

投稿: あゆ | 2013.05.24 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/56981925

この記事へのトラックバック一覧です: 「渡されたバトン」と言う映画を観ました:

» 放射性物質から防護対策 [被ばくを最小限に抑えるための知識]
このたびの東日本大震災で被災された方々、そのご家族、ご関係者のみなさまへ 心よりお見舞い申し上げます。 安全な暮らしに役立つ生活術などをまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2013.03.19 00:00

» 政府マスコミが流言飛語を流す恐ろしさ [逝きし世の面影]
『Dr.中川のがんの時代を暮らす』 3月18日の毎日新聞コラム、福島県の3万8千人中で小児甲状腺癌3人発症(7人が9割の疑い)の異常事態に対して、中川恵一東大准教授(付属病院緩和ケア診療部長)の凄まじい水準の白々しいデマを流す。 腰を抜かすほど驚いた...... [続きを読む]

受信: 2013.03.19 17:07

» 世界中大笑い、日本の恥さらし [逝きし世の面影]
(仮設配電盤を2年間積んだままの東電提供のトラックのピンボケ写真) 『苦心惨憺の東電の隠蔽工作』 世界最初の人類の偉業を写したNASAのアポロ11号のアームストロング船長の月面への第一歩は幽霊か何かのように不鮮明だったが、東電が提供した丸一日原因不明で福...... [続きを読む]

受信: 2013.03.23 10:13

» 違憲無効判決に新聞号外 [逝きし世の面影]
『まだ死なず、しぶとく生きていた日本国憲法』 最大2・43倍の『1票の格差』が是正されずに実施された昨年12月の衆院選をめぐる全国訴訟の判決で、広島高裁(筏津順子裁判長)は25日、小選挙区の区割りを『違憲』と判断し、広島1、2区の選挙を無効とした。 ...... [続きを読む]

受信: 2013.03.27 11:04

« 日本銀行の働き | トップページ | 新しい季節 »