« 69回目、沖縄の日 | トップページ | 映画「フラクチャー」を観て »

2014.06.23

イラク情勢緊迫

イラク情勢が気になります、、、

北部モスルにISIL支配浸透 厳格戒律と過激思想は警戒と言うニュース。

「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)」と「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」は同じ組織で、スンニ派の過激集団です。
報道で伝え聞く所、かなり勢力を伸ばしてイラクのいろんな都市を制圧しているようです。
首都バグダットにも迫りつつあり、シーア派のマリキ首相の出方が気になります、、、
ウウウム。
またアメリカの今後の対応もしっかりと見ていく必要がありそうですね。

ニュースでは日本への影響として原油の高騰から来るガソリンやその他物価の値上がりについて述べていましたが、私たちにとっても、この問題は今後の日本のあり方を見ていくためにも重要です。

|

« 69回目、沖縄の日 | トップページ | 映画「フラクチャー」を観て »

コメント

 中東問題の真因は石油資源だ。東シナ海、南シナ海での共産支那の膨張は海洋権益だ。アジアで、中東で、アフリカで帝国主義戦争が続発している。アメリカも、共産支那も、ロシアも冷戦時代に逆戻りするより、もっと若返って、帝国主義の時代にまで戻ってしまったような印象だ。
 第二次大戦が終わって、世界は民主主義が正義の価値観を共有してきたのだが、ここにきて急激にその民主主義に対して疑問符がつきつけられている。民主主義の中心国アメリカは本当に民主主義によって支配されているのだろうか? 民主主義が形骸化して金融資本、多国籍企業、ユダヤマフィアにのっとられてしまったから、帝国主義国になっているのではないのか? の疑問だな。
 ただしこの話題、アメリカの帝国主義化と、支那やロシアのそれをおなじまな板の上で調理すると食中毒を起こす。無国籍企業にのっとられた自由主義…アメリカと、一党独裁の全体主義が未成熟で腐ってしまった支那とのちがいは念頭に置いて議論しなかればならない。

投稿: 罵愚 | 2014.06.24 05:32

なんか政府も問題大きいようですが過激派は大問題だなあと・・。宗教右翼らしいのでさらに怖いです。なんで他者の存在認める問うことができず右傾化するんでしょう?

小さい子どものほうが大人なようです。右傾化してたすあにきつい攻撃や否定なんてしないし。

投稿: あゆ | 2014.07.06 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/59863934

この記事へのトラックバック一覧です: イラク情勢緊迫:

« 69回目、沖縄の日 | トップページ | 映画「フラクチャー」を観て »