« 文化の大切さを改めて | トップページ | 花子とアンをみて »

2014.09.05

松島みどりさんが法相

もうご存知かもしれませんが、
こんな方が法相になると言う事です。
エントリーに挙げていますが、、、
さて、今回は、
犯罪者、刑務所の実態についていろいろと国会での発言を取り上げました。、
とくに「正犯罪者」に対しての箇所は些か、、、問題ありと個人的には思いますが、、、

松島さんの考えを読むと
私は映画「時計じかけのオレンジ」を思い出してゾッとしました。

=============
そしてもう一つ、この性犯罪に関しましては、法務省のプロじゃなくて大臣の率直な考えで私の意見に対して御意見を伺いたいんです。
例えば、懲役何年というんじゃなくて、私もよくわかりませんけれども、男の人が性的意欲をなくす、これも個人差があるんでしょうけれども、例えば五十五歳か六十歳か七十歳か知りませんけれども、その年齢に達するまで……(発言する者あり)いや、知らないから知らないと言った。失礼も何も、わからないですから、私。その年齢に達するまで例えば刑務所に入れておくとか。そういう犯罪を犯した人ですよ、三回も五回も十回もそういう犯罪を犯して……(発言する者あり)失礼って、犯罪でどれだけ女が傷つくと思っているんですか、子供であれ大人であれ。被害者の立場に立って考えたことがあるんですか、あなたは。私はそう思っております。そういう人たちが出てこないようにする。
あるいは、出てもいいんです、ほかのことはまともに生活を行ってもいいんです。(発言する者あり)いや、知らないから言っているんです。例えば、そのほかの生活は自由に行ってもいいけれども、やり方は、これも研究の上ですけれども、去勢手術を行うとか、あるいは刑務所から出すならば、刑務所にいる間じゃだめです、出した後、薬物治療、例えば男性ホルモンを抑える治療を必ず定期的に受けに来い、でなければ外へ出さないとか、そういうことまですべきではないかと。

=============

性犯罪者は重犯をおかす可能性が高いから去勢する?
薬物治療?
ウウウム。
なんだかなぁ、、、

勿論、憎むべきは犯罪者です。
これに関しては松島さんの意見には同意する部分もあるのですが、
一度犯罪を犯したら更生は不可能的な考え方をされると、やはり違うのではと思うのです。
ましてや、そんな考えの松島さんが法相になると言うことは、どんな時代がくるのだろうか???
と、思うのです。
松島さん>お手柔らかに!!!

|

« 文化の大切さを改めて | トップページ | 花子とアンをみて »

コメント

何度か日記に書いています。

厳罰化反対なのに性犯罪になると急に厳罰言い出す人がちょくちょくいるようです。


被害者指数と加害者指数の乖離シリーズでも取り上げていますが片方だけ見るのはどうかと・・・。

何より天秤にかけることに違和感感じます。


投稿: あゆ | 2014.09.11 14:47

長い歴史で多くの犠牲と試行錯誤の上に現在の法思想があります。
身体刑の禁止。
性的刑罰の禁止。


大臣が去勢手術言い出した時点で問題ですよ。

投稿: あゆ | 2014.09.11 14:52

あゆさん。

この人調べるほどに凄すぎ。

えん罪が一番心配ですね。

投稿: せとともこ | 2014.09.12 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60264772

この記事へのトラックバック一覧です: 松島みどりさんが法相:

» 新聞読み比べ 佐世保の事件編 [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
 日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1  なんか世の中報道が変わったらしいです。 一説では報道もコストパフォーマンスだという噂も・・・。 報道は人権にもかかわるのですけどねえ・・・。大丈夫なの?... [続きを読む]

受信: 2014.09.11 14:47

» 被害者指数と加害者指数の乖離   天安門編 [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
中国でとても悲しい事件が起きました。 犠牲者の中には亡くなられた方もおられるそうです。 ほんとかわいそうに・・・。ひどい話です。 お悔やみ申し上げます。 10月31日読売新聞などの記事より 天安門前に小型四輪駆動車が突入炎上 市公安当局が「テロ」と断定 居住していた場所から独立主張組織の使う旗や刃物が発見したという。 車内から旗やなたなどが見つかった。 北京市中心部で発生した最悪のテロ 不安の拡大を防ぐ政権の狙い。 少数民族政策の行き詰まりを示し抜本的見直し迫ら... [続きを読む]

受信: 2014.09.11 14:49

« 文化の大切さを改めて | トップページ | 花子とアンをみて »