« 日光の旅 その3 | トップページ | トラウマは解消できるか? »

2014.09.18

徳川家康遺訓から

この連休中に日光に行った事は先のブログに書きました。

東照宮は,江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現を祀っています。

ということで今日は徳川家康の有名な遺訓を載せておきます。
==================
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。
===================

この意味は、おおよそ次のようなものです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。急いではいけない。
 不自由が当たり前と考えれば、不満は生じない。
 心に欲が起きたときには、苦しかった時を思い出すことだ。
 がまんすることが無事に長く安らかでいられる基礎で、「怒り」は敵と思いなさい。
 勝つことばかり知って、負けを知らないことは危険である。
 自分の行動について反省し、人の責任を攻めてはいけない。
 足りないほうが、やり過ぎてしまっているよりは優れている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


あまりに有名で今までキッチリと読んだ事もなかったし、
ましてや味あおうなんて思った事もなかったのですが、
改めて読むとなかなか奥深いですね♫

すぐに夫を責めてしまう自分を反省。
責めすぎて、相手の立場をなくしてしまうような自分に反省。

でも、徳川家康ではないから、
少々、行き過ぎる自分も「まぁ、いいいか」と許そう。
そして受け入れよう。

と、言う思いで、今日は徳川家康とともに。

|

« 日光の旅 その3 | トップページ | トラウマは解消できるか? »

コメント

無関係ですがこういうの書いてます。  「徳川幕府の特定秘密保護」
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-01-09

投稿: あゆ | 2014.10.03 21:44

相変わらず面白い!!!
いいね♫しましたよ。

投稿: せとともこ | 2014.10.07 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60334409

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川家康遺訓から:

« 日光の旅 その3 | トップページ | トラウマは解消できるか? »