« ひまわり8号、打ち上げ成功というニュース | トップページ | 桂吉弥独演会 »

2014.10.08

2014年ノーベル物理学賞:白色光源をもたらした高効率青色LEDの実現で3氏に!!!

昨日はノーベル賞で揺れましたね、日本国中が。
嬉しいニュースでした、久しぶりに。
本当に嬉しい!!!

昨日は今日の大学教育のあり方について考えたエントリーを挙げたのですがノーベル賞、「3人同時受賞」の深い意義という記事をみつけて改めて基礎教育の大切さを思ったものです。

「閉塞感の出口を目指すための"松明"に」という副題のついた上の記事には以下のような文があります。
===============
やはり3氏が同時受賞した2002年の武田賞の受賞講演で、天野教授は赤崎研究室の門を叩いた理由をこう述べている。

「これは多分私のまったくの思い違いだと思いますが、当時の大学の研究というのが、我々若い人間から見ると、どうしても研究というよりも研究のための研究、あるいは研究費をもらうための研究、というような感じを受けてしまったんですね。あるいは学位を取るために仕方なく研究しているというように非常にうがった見方しかできなかったんです。当時、とにかく何かにチャレンジしたいと思っていた私は、赤崎先生の研究室で掲げている青色発光ダイオードというテーマを見たときに『これだ!』と思ったんですね。これはまさに、未来のための研究、研究本来の研究であると直感しまして、即座に先生の研究室のお世話になったわけです」
(中略)
いま、日本の大学は基礎研究一本だけでは許されず、かといってアメリカの大学のようにベンチャーを次々と生み出す土壌が育っているとも言いがたい。ノーベル賞学者を続出させていることになる名古屋大学でも、若い研究者からは「昔のように大らかに基礎研究に専念させてもらうのはもう無理」という声もあれば、「国の研究費に寄りかかるだけで、ベンチャーなどを通じて研究成果が社会に還元されない」と両面で嘆く声が聞こえる。

今回の「3人同時受賞」という快挙を、こうした閉塞感の出口を照らす"松明(たいまつ)"にしなければならないだろう。(上記ニュースより)
==================

ニュースの結びがいうように「基礎研究と実益とのバランスの中で、両方をうまく配分していくような長い目でみていける教育が待たれているし、そうしなければと強く思うものです。

なお、2014年ノーベル物理学賞:白色光源をもたらした高効率青色LEDの実現で3氏にというタイトルで日経サイエンスが研究内容を詳しく解説していますので、興味のある方は是非ご覧下さい。


それにしても、
憲法9条もノーベル賞、とれたら良いな♫
本当に。

|

« ひまわり8号、打ち上げ成功というニュース | トップページ | 桂吉弥独演会 »

コメント

直接利益にならない研究もできる環境だといいなあと思えます。

投稿: あゆ | 2014.10.11 21:14

あゆさん。
こんにちは。

今、ノーベル賞をとっている研究者はみんな「以前のしっかりした基礎教育」を受けた人たちなのですよね。
安倍内閣の方針で「実益」を伴わない基礎教育はドンドン減らされて行くようです。
そのうち、誰も基本を知らない研究者ばかりになったりして、、、

投稿: せとともこ | 2014.10.12 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60442798

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ノーベル物理学賞:白色光源をもたらした高効率青色LEDの実現で3氏に!!!:

« ひまわり8号、打ち上げ成功というニュース | トップページ | 桂吉弥独演会 »