« 2014年ノーベル物理学賞:白色光源をもたらした高効率青色LEDの実現で3氏に!!! | トップページ | 地獄八景亡者戯についてツラツラと »

2014.10.10

桂吉弥独演会

昨日9日、国立劇場の小劇場で「桂吉弥」噺家生活二−周年記念独演会がありました。

演目は以下の通り。

Img_0259

私は夫と二人で聴きに行ったのですが、
最初の鯛蔵さんと吉弥さんの演目はちょっと途中でよく聴くことが出来なかったので、感想は書けません。

次の柳家喬太郎さんの「ハンバーグのできるまで」から一生懸命、聴いて、そして笑いました。
そしてジーンと来たりもしました。
よせラボと言うサイトが噺の内容を簡単に紹介し手いますので、興味のある方は是非ご覧下さい。

と、ある商店街に「まもるちゃん」という3年前に離婚した男性が、買い物に来て、いろいろと品物を買い込むのですが、商店街の1人の店主が「えええ、あのまもるちゃんが買い物にきた。そんな珍しい事があるの。これはキット死ぬのよ、まもるちゃん。最後に思い出に買い物に来たのよ」という妄想に取り付かれ、
回覧板のように噂が飛び回り、他の店主たちも「そんな目でまもるちゃんを見るのです。
その店主たちの「思い込み」が実に巧みに演じられていて、本当は深刻に「まもるちゃん」を心配しているのかもしれないが、思わず笑ってしまいます。
作ると言うことで「買い物」をしていたのです。


まもるちゃんと元奥さんとの話がなかなかいいのです。
まるでドラマか演劇を見ているように、淡々と進みます。
そして、二人がとてもいい感じにお互い、分かり合えたのかな、、、と思うころに、
「結婚するの」と元奥さんが言います。
その時のまもるちゃんの何とも言えないリアクションが哀愁を帯びていて、
しんみりときます、、、
聴いている方は切なくなりながら、
それでも、まもるちゃんを心配してきて「たち聞き」していた商店街の人たちのお間抜けが、
笑えて、
しんみりと、笑いのバランスが折り合いよく混ざった、とても優しい「人情噺」でした、、、

中入り後の吉弥さんは「地獄八景亡者戯」という
長くて有名な演題。
吉弥さん、熱演でした!!!

今年1月に食道がんで亡くなった「たかじん」さんの物まねをして、サングラスにマイクまでもって、熱唱。
そりゃ、盛り上がりました。
本当なら9時までだったのですが、
吉弥さんの熱演で終わったのは9時半。
会場中、爆笑と納得で、大いに満足した独演会でした!!!

さて、「地獄八景亡者戯」については項を改めて書きます。

|

« 2014年ノーベル物理学賞:白色光源をもたらした高効率青色LEDの実現で3氏に!!! | トップページ | 地獄八景亡者戯についてツラツラと »

コメント

落語は昨年、東西の落語の競演がありました。
江戸落語の演者がほんとうまかったです。
でもお話が・・・。

隅田川花火大会での事件ネタです。
横暴なお侍さんが次々死んでしまうのです。最後に中にうちた首をみて
花火に見立てて・・・。
なんかくら~~ぃ気分になりました。

投稿: あゆ | 2014.10.20 10:48

あゆさん。
そうなんですか。

では私もYOUTUBEで調べてみて、
今度観ますね。

情報、どうも有り難う♫

投稿: せとともこ | 2014.10.21 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60453457

この記事へのトラックバック一覧です: 桂吉弥独演会:

« 2014年ノーベル物理学賞:白色光源をもたらした高効率青色LEDの実現で3氏に!!! | トップページ | 地獄八景亡者戯についてツラツラと »