« 今、日本が置かれている立場について | トップページ | 「安倍政権による解散・総選挙に関する見解 」 を発表。 立憲デモクラシーの会 »

2014.11.28

春風亭昇太独演会に行って来ました

1411

昨日、紀伊国屋サザンシアターで行われた「春風亭昇太」の独演会に行って来ました。
平日の昼と言うのに会場は満員でした。
私はギリギリで会場に足をいれたのですが、
もう熱気ムンムン。
ザワザワとしている感じ。
やはり昇太さんの熱気が会場中に伝わっているのでしょうか?

さて、演目は以下の通り。
オープニングトーク 春風亭昇太
悋気のこま      立川生志
花筏          以下春風亭昇太
化け物使い
富久

まずはトーク。
もう昇太さん満開でした。
笑いの渦に巻き込まれて、なんだか私も大声で笑ってしまって「これって相乗効果?」なんて思ったりしたのですが、掴みはやはり上手ですね。
観客を一体にさせる術はさすがです。

次に、生志さんが「悋気のこま」を噺ました。
マクラは先日の「談志まつり」と同じネタで密かに笑っちゃいました。
この人はだみ声なんですが、
なかなか切れがよくていいですね。

さてさて、これからが昇太さんの独演会。
始めは「花筏」
お相撲さんの噺です。
もともと講釈(講談)ダネで、古くからある上方落語「提灯屋相撲」を、三代目三遊亭円馬が東京に移植したものだそうです。
昇太さんも言ってましたがこの噺は相撲の興行中はとくに「受ける」と言う事ですが、
相撲大好きな私はとても楽しく聴きました。

その次は「化け物使い」。
この噺も古典としてはかなり有名な噺で古今亭志ん朝の得意とするところだったそうです。
談志さんも噺ています。
昇太さんの噺は「オレ流」だったのでしょうが、、、

最後は「富久」
なかなか良い噺で年末にピッタリ。

もう少し詳しく書きたいのですが、
これから出かけるので続きはまた次回。

|

« 今、日本が置かれている立場について | トップページ | 「安倍政権による解散・総選挙に関する見解 」 を発表。 立憲デモクラシーの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60725718

この記事へのトラックバック一覧です: 春風亭昇太独演会に行って来ました:

« 今、日本が置かれている立場について | トップページ | 「安倍政権による解散・総選挙に関する見解 」 を発表。 立憲デモクラシーの会 »