« 「ハロウィンが日本で流行するようになった意外な理由」 | トップページ | 今夜は『ミラクルムーン』 171年ぶりの奇蹟な月だそうです♪ »

2014.11.04

土曜ドラマ「ボーダーライン」が素敵でした!

NHK土曜ドラマボーダーライン
が面白かったです。

あらすじは以下の通り。
====================
近年の大規模災害の頻発により、注目を集める消防の仕事。災害や救助の現場で、生死に関わる決断を迫られる消防士たちの姿を、彼らの仕事、生活、悩み、喜び、悲しみをまじえながら等身大の人間としてリアルに描く。
「公務員だから」という理由で消防に就職し、自分のやりたいことがいまだ見えない若い消防士が、自分の存在を揺さぶられる現場を次々と体験し、「やる気のない若者」から「救う側の人間」へと変貌していく様子を、大阪市消防局の全面的な協力のもと大規模ロケを敢行し、最新のVFX技術を使いながら描いていく。
(上記サイトより)
=====================

また作者の宇田学さんは以下のようにこの物語について述べています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このドラマを書く上で、僕の中でテーマにしていたことは『命を繋ぐ』ということです。消防士と聞いたら、レスキュー隊というイメージが強いとおもいますが、実際の現場ではレスキュー隊だけでは人の命は救えません。消火隊、救急隊が連携して、一つの命を救います。この3つの隊が連携して一つの命を繋いでいるんです。
大阪市消防局の協力のもと、現場や消防隊員の思いを忠実に描きました。ただ単に話をドラマチックに描くことはなく、このドラマの中にあるのは『リアル』です。どの現場も取材、協力のもと、実際にあった、あるいは実際に起こりえる事件、事故を描いています。消防という仕事を通じて、命の重さ、命の尊さを視聴者の皆様に感じて頂ければと思います。そして、いつ起こるかわからない災害や事故に対して、少しでも防災意識を持って頂けたらと思います。このドラマが一つの命を救う。大袈裟かもしれませんが、僕はそう信じています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

確かにこの物語は「いのち」でした。
縦糸には消防、レスキュウー隊が向き合う災害の現場で救う「いのち」。
災害現場では「救う命」は平等であり、そして全ての人を救う為に自らの命を賭する時さえある事を思いもかけない力強さで伝ってきました。
一方、横糸には消防隊員の抱えるそれぞれの問題に悩み、苦しみ戸惑いながらも「よりよく生きる」という視点から「いのち」との関わりかたを表しています。

主人公の小池徹平クンは現代のやる気のない若者が人との出会いの中で変わっていく様をとても自然に演じていました。
幼い頃に母と自分を棄てて家を出て行った父への複雑な思い。
それは憎しみであり恨みでもあるが、一方で言葉には言い得ない父への寄り添いであった。
そして、そんな思いを抱えながらある日父と消防の現場で出会うその時、
ゆっくりと過ぎ去って空いていた時間に流れ、2人には言葉はいらなかったのだ、、、
恩讐の彼方と言うにはあまりに現代的すぎるのだが、
主人公は「もういい」と思うその中で、父への恨みや憎しみに囚われていた思いを棄て、
軽くなった。
その時、消防という「いのちを繋ぐ」仕事に本当の意味で向き合えるようになったのです。
成長の過程にあたり、上司や同僚との確執や悩みやせめぎ合いなども丁寧に描かれていました。

そうしたエピソードの一つひとつが、
「いのちを救う事」「生きる事」への真摯な向き合いであり、それぞれが掲げる問題への自分の限界を越えての挑戦でありました。

5回を通して全体に消防の現場の緊迫と大切な仕事であることを見せられたと同時に、
登場する人物が全て優しい。心から優しく思いやりある姿が、
テレビを通して私にはこの上なく清々しく伝わってきました。
私は彼らのような勇ましくも優しい形で職業として人の命と向き合う事はできません。
が、
人の命をつなぐ事、紡ぐ事、生まれて来たという事実を力いっぱい大切に自分の掌に包み込むことはできるのでは、、、と思いました。

本当に素敵な物語で、
気がついたらうっすらと涙していることも多々ありました。
5回で終わったのが惜しい。
また続編があればいいなぁ〜〜と思いながら、この記事を書いています。
そして、改めて消防、レスキュウーで働いて日夜、災害と向き合っている多くの方々に感謝いっぱいであることを、ここに記して。

|

« 「ハロウィンが日本で流行するようになった意外な理由」 | トップページ | 今夜は『ミラクルムーン』 171年ぶりの奇蹟な月だそうです♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60598072

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜ドラマ「ボーダーライン」が素敵でした!:

« 「ハロウィンが日本で流行するようになった意外な理由」 | トップページ | 今夜は『ミラクルムーン』 171年ぶりの奇蹟な月だそうです♪ »