« 2014年の漢字は「税」 | トップページ | 誉生の証明 »

2014.12.15

衆議院選挙結果

衆議院選挙、終わりましたね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
衆議院選挙の開票は、小選挙区、比例代表を合わせた475の全議席が決まりました。
自民・公明両党は、自民党が追加公認した1人を含めると、前回・2年前の衆議院選挙を上回る326議席を獲得しました。
安倍総理大臣は、NHKの開票速報番組で、「経済最優先で取り組みながら、日本の地位を高める経済外交も展開していきたい」と述べ、引き続き、経済や外交・安全保障など、幅広い政策課題に全力で取り組む考えを示しました。
一方、民主党は、選挙前の62議席を上回りましたが、海江田代表は議席を失い、NHKの取材に対し、「党のために頑張ってきたが、みずからの議席を確保できなかったので、代表を辞任する」と述べました。

衆議院選挙は、小選挙区、比例代表を合わせた475の全議席が決まりました。
自民党は、小選挙区で222議席、比例代表で68議席の合わせて290議席で、追加公認した1人を含め、291議席となります。
民主党は、小選挙区で38議席、比例代表で35議席の合わせて73議席、維新の党は、小選挙区で11議席、比例代表で30議席の合わせて41議席、公明党は、小選挙区で9議席、比例代表で26議席の合わせて35議席、次世代の党は、小選挙区で2議席、比例代表は議席を確保できませんでした。
共産党は、小選挙区で1議席、比例代表で20議席の合わせて21議席、生活の党は、小選挙区で2議席、比例代表は議席を確保できませんでした。
社民党は、小選挙区で1議席、比例代表で1議席の合わせて2議席でした。
新党改革は議席を獲得できませんでした。
無所属は、自民党の追加公認となった1人を除くと、小選挙区で8人が当選しました。
自民・公明両党は、自民党が追加公認した1人を含めると、法案の再可決や、憲法改正の発議に必要な、3分の2の317議席を超え、前回・2年前の衆議院選挙での325議席を上回って、326議席を獲得しました。
安倍総理大臣は、NHKの開票速報番組で、「まず、経済最優先で取り組んでいく。それと同時に、地球儀をふかんする戦略的な外交を進めるなかにおいて、日本の地位を高め、国益を守り、経済外交も展開していきたい。同時に、切れ目のない安全保障の法整備、国民の命と幸せな暮らしを守るための安全保障法制を、次の通常国会でしっかりと成立させ、整備していきたい」と述べ、経済や外交・安全保障など幅広い政策課題に引き続き全力で取り組む考えを示しました。
一方、民主党は、選挙前の62議席を上回りましたが、海江田代表が、東京1区で議席を確保できず、重複立候補した比例代表の東京ブロックでも惜敗率で及ばず、議席を失いました。
海江田代表はNHKの取材に対し「きょう記者会見して、民主党代表を辞任することを表明する。党のために頑張ってきたが、みずからの議席を確保できなかったので、代表を辞任する」と述べました。
(上記まま)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて。
これからどうなるか、、、
本当に心配です。
消費税は絶対あがるだろうなぁ、、、
憲法や集団的自衛権も心配。
だんだんキナ臭くなるのか???

いずれにしても、今後とも注目です。

|

« 2014年の漢字は「税」 | トップページ | 誉生の証明 »

コメント

つまんない選挙でしたね~。
自民も民主も公明も議席数はほとんど変わらなかったですもんね。維新や次世代の議席が共産に行ったぐらい。
個人的には北海道の「支持政党なし」党の今後の行方が気になりますw。
あと沖縄の「立候補者全員当選」というのもすごいなと思ったり。

ところで国家財政をざっと見ても、消費税増税はむしろしなきゃ破綻しますからねぇ……もちろん増税は嫌だけど、やむを得ないんじゃないかなと私は思います。

で、増税しなきゃ破綻する状態なのに安倍首相は法人税減税と言ってるのにびっくりしますわ。
消費税増税をするなら法人税やら相続税やらもセットで増税してもらわんと、庶民だけ実質負担増っていうのは不公平ですもんね。

投稿: さいと~ | 2014.12.16 10:54

さいと〜さん。
本当に出来レースのような選挙でしたね。
マスコミが「自公大勝利」って騒いでいるのですが、
実質は得票数は減少しているらしいですね。
小選挙区って本当に問題あると思います。

おっしゃるように、税金の問題。
大企業とお金持ちだけ優遇ってのが赤らさまですね、、、
消費税があがるのはもう必至。
庶民はどうしろというのだろうか?

それにしても、
選挙が終わると「集団的自衛権」やら「憲法」の問題を口にして、いよいよキナ臭くなるようで本当に心配です。

投稿: せとともこ | 2014.12.16 17:47

石原慎太郎と三島由紀夫
  けっきょくこの選挙をどんなニックネームにするのかは決まらずに選挙は終わった。各党の議席数にさしたる変化はなく、民意はアベノミクスを認可したのだが、ひとつだけ…次世代の党の壊滅的惨敗と石原慎太郎の引退は、せっかく自民党の右側にできた野党を消滅させて、野党はすべて、もとどおり自民党の左側に移動した。戦後はじめて作られた、自民党より右側の、本格的保守政党はとん挫したことになる。これが、この選挙による最大の衆議院の変化だろうか。

投稿: 罵愚 | 2014.12.18 05:04

【民主党党首選】 55年体制の再構築

 つまり、民主党ってバラバラなんだよね。駅前の老舗のデパートのように、なつかしい商品が売り場に並んでるけど、中年客ばかり。購買層は駅中で買い物する。
 民主党はますます旧社会党になってしまって、右から左までごった煮になった巨大な批判政党だが、統一した政策は生まれない。野党としての存在感だけで、政権奪取の危険性はないから、むしろ自民党政権の長期化を下支えする存在になるだろう。そうして、バージョンアップされた55年体制が生まれるのかなぁ?

投稿: 罵愚 | 2014.12.21 06:25

圧勝についていろいろ声があるみたいですね。
数字だけ見たら

自民はごくわずか減・・・勝利宣言(圧勝)
民主は10ほど増加・・・敗北
う~~ん・・・。

維新・・1議席減

ネット右翼党(仮称)激減

公明・・・増加 (勝利)
共産・・・約3倍

生活・・大幅減

数字だけで見たらなんで民主が敗北で辞任??
(代表が落選だからしょうがないですけど)

でも忘れてはいけないのが危険な数字の議席を旧東(共産圏)めざすような政党がとったということです。
党名はうそです。
党名交換したほうが・・法の考え方 
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-07-14 

投稿: あゆ | 2015.01.01 20:38

そういえば年末に相続税の事実上の減税も言い出しましたね。
若い世代に資産の移転をとか耳障りのいいこと言ってますけど、
たしか世の7~8割の人は相続税とは無縁らしいですね。
うちも無縁でしたよ。

投稿: さいと~ | 2015.01.01 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60812713

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙結果:

« 2014年の漢字は「税」 | トップページ | 誉生の証明 »