« ネット選挙、周知はまだまだのようです | トップページ | 内田樹さん「街場の戦場論」前書き公開 »

2014.12.10

マララさん、ノーベル平和賞受賞

マララさん「本とペンで子供たちの未来変わる」。というニュース。
読めば読むほど、知れば知るほど、マララさんって素敵で素晴らしくて本当に勇気が与えられます!!!

この授賞式にあたり、オスロは厳重な警戒体制を強いているそうです。
平和賞の受賞に武装警官が警備と言うのは何とも残念です。
===========
2014年のノーベル平和賞に決まったパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(17)とインドのカイラシュ・サティアルティ氏(60)は9日、授賞式を前に、ノルウェーの首都オスロのノーベル研究所で記者会見した。
ノーベル賞史上最年少の受賞者となるマララさんは「子供の権利のために闘ってきた人と共に受賞するのは、偉大な栄誉です」と述べた。2人は10日、同市内で行われる授賞式に出席し、記念講演する。
マララさんは、パキスタンで女子教育を否定するイスラム武装勢力を批判し、12年に頭部を銃撃され重体に陥った。会見では、その後も身の危険を顧みず教育の必要性を訴え続けていることに触れ、「子供たちに、『立ち上がろう』『権利のために声を上げよう』『世界を変えるあなたたちが、第一歩を踏み出す時です』と、伝えたいと思います。声を上げれば変革をもたらせるのです」と語った。
マララさんはまた、「子供たちが必要としているのは、1冊の本と1本のペンです。それだけで本当に子供たちの未来、世界が変わるのです」と話し、「なぜ本とペンを子供たちに与えられないのでしょうか」と、各国政府などに教育の充実を求めた。そのうえで、「私は、子供たち全員が学校へ行き、質の高い教育を受けられるようにしていきたい」と抱負を述べた。
(上記ニュースより)
===============

教育の大切さをしみじみと感じ、
また力に屈服する事なく、敢然と立ち向かうマララさんに多くの事を学ぶ私です。
声を出して行く事、声を出し続けることの意味を教えてもらいました。
マララさん、本当にありがとう!
そして、
おめでとうございます。

|

« ネット選挙、周知はまだまだのようです | トップページ | 内田樹さん「街場の戦場論」前書き公開 »

コメント

あー私は真逆ですわ^^;。
優秀なスピーチライターと演説のトレーナーがいるなぁとw。
プロの下で練習しないとできませんよ、あんな演説。


たしかに教育は必要です。教育こそが世の中が発展していく原動力ですから。
だけど中東での女子教育を阻んでいるのは、イスラム教が理由ではありません。イスラム教にそんな教えはありません。地域の男尊女卑の習慣を「イスラム教の教え」と誤解しているケースもありますが、それも教育不足が原因。
教育不足の一番大きな理由は貧困なんですよね。

だけどマララさんは、中東の社会が悪い、イスラム教が悪い、遅れている、変われとか言ってるだけ。そりゃ中東の人たちからは嫌われますよ。欧米の人は喜ぶかも知れませんけど。

しかもマララさんって、パキスタンの中ではものすごく恵まれた地位の人なんですよね。親が学校を経営しててお金持ちなので、活動が派手になって目立ってた。
目立ってたせいで敵視する過激派勢力に暗殺されそうになったわけですが、パキスタンは医療体制が整ってないから、たとえばアメリカ軍やNATO軍の空爆で、彼女より軽い怪我でも命を落とす子供はたくさんいるというのに、彼女だけは有名人だからという理由で特別扱いされて、命が救われた。よりによって多くの中東の人たち・子供たちを殺しているアメリカやNATOの手によってね。

中東社会では彼女は嫌われていて、今回のノーベル平和賞授賞式の報道もパキスタンではほとんどなかったらしいですけど、そういう事情を知るとうなづけます。


私はあの演説をちらっとですが見て、優秀なスピーチライターと演説のトレーナーを雇える程、やっぱり彼女は恵まれているんだなぁと思いました。

投稿: さいと~ | 2014.12.16 12:00

さいと〜さん。
こんにちは。
お久しぶりですね。お元気でしょうか???
私も相変わらずバタバタしています。
私はFBをしていた頃、いつもあなたはしていないかな、、、って思っていたのですよ。
今はFBにちょっと疲れてしまいました。もっぱらツィッターとブログで気楽にやっています。


さて、マララさん。
確かに仰る通りのところもあるんだろう、、、とは思うのですが、
実際に頭に弾丸が貫かれたりと、しながらも、
自分の信条を曲げずに声を挙げている姿は素晴らしいと思います。
が、
それが、じつはゴーストライターやトレーナーの演出だとしたら、世界は騙されているんですね、、、
私も前にマララさんが中東やパキスタンでは人気がないことは知っていたのですが、
マララさんの実態がどんなものであろうと、
マララさんの主張していることは間違いではないと思うのです。
そして、確かに教育の前に貧困を、と言われるあなたのご意見には全面的に賛成です。

いずれにしても、日本も含めて
富める者と持たざる者との格差がドンドンと開いて行くようで、胸が痛みます、、、
以前、友人と話ていたら「今は中間層がグ===ンと貧困に引っ張られて行く社会」だと言っていました。
本当に、どうすればいいのか。

またご意見、お聞かせ下さい。

投稿: せとともこ | 2014.12.16 17:43

どこの世界にもいるようですがほんと「保守派」て怖いです。
イスラム教に限らず・・。
「この道しかない」というのでしょうね。
他の道が許せないようです。

利用されている説もありますが
保守的思考との戦いは偉いと思います。

「自分らしく」で書いています。
個々の尊重軽視で「この道しかない」という社会は問題だと思います。

投稿: あゆ | 2014.12.19 12:44

あゆさん、
 “保守”ってなんでしょうね? イスラム原理主義は保守でしょうか? むかし「教条主義」って呼んで相手を誹謗しましたが、教条主義は保守ではありませんね。ヘイトスピーチは保守でしょうか? わたしははじめて「ネトウヨ」と呼ばれたとき「オレって右翼なんだろうか? 」と自問しましたが、右翼と保守のちがいもあやふやですね。
 よく保守主義を説明するときにエドマンド・バークをひきあいに出して説明されますが、あれはフランス革命に対する批判勢力としての保守主義であって、日本の自民党や次世代の党とは直接つながりませんね。
 政治にかぎらず、いろいろな場面でなにかを決断したり判断ずるときに、その判断の基準として論理値をもちいるのか、それとも経験値を重要視するのかのちがいではないのかとわたしは思います。もちろん、だれが考えても常識的にこっちのほうがいいという結論は、論理値の場合も、経験値の場合もあります。そのときは論理値や経験値より常識が優先します。
 問題は、常識では判断できないで、論理値と経験値がちがうとき、どっちを選択するかの性格でしょうかね。論理的な判断をする人とが革新、経験を重視するひとを保守って呼ぶのかもしれないと、わたしは思います。
 ノーベル平和賞を受賞したマララさんをわたしは支持します。教育の重要性は論理的にも経験的にも定まっている。保守も革新も一致した常識ではないのでしょうか。

投稿: 罵愚 | 2014.12.21 05:43

スピーチライターやトレーナーはいたほうがいいんですよ。
オバマ大統領にも安倍首相にもついています。
万が一失言したらすべてが台無しですから。
だからノーベル平和賞のスピーチも、あたりさわりのない「優れた立派な」ものでしたね。

でもね、結論が正しければ、過程の嘘や誤りも正当化されるのでしょうか?

たとえばパキスタンでは昔は女の子も学校に通っていました。
だけど学校にミサイルを撃ち込んで破壊したのは、タリバンではなく、アメリカ軍やNATO軍です。
そりゃ親は子供を、ミサイルを撃ち込まれるかも知れない危ない学校に通わせるのをためらいますよね。とくにイスラム教では「女性と子供を大切に」と教えてるわけですから。

さらに欧米式の教育は「地域の文化の破壊」と「再植民地化・奴隷化」という批判的意見もあるそうです。実際70年前まで植民地になってたわけですし。
つまり子供を学校に通えなくしたのは、欧米のせいなんですよね。

でもマララさんは、街や学校にミサイルを撃ち込む側を非難しない。
罪のない人たちをたくさん殺し、そして人々を貧しくした側を非難しない。
植民地化・奴隷化と言われてる欧米による教育内容も非難しない。
パキスタンの社会や文化、そしてイスラム教は非難するのにね。

投稿: さいと~ | 2015.01.02 00:37

余談!w

Facebookはやってないですが、Twitterならやってますよ~。
半匿名でやってます。@MiraiSakura です。
こっちもこのハンドルネームで書こうかな?

投稿: さいと~ | 2015.01.02 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60788911

この記事へのトラックバック一覧です: マララさん、ノーベル平和賞受賞:

« ネット選挙、周知はまだまだのようです | トップページ | 内田樹さん「街場の戦場論」前書き公開 »