« 対話拒否?安倍政権と沖縄 | トップページ | 「辺野古移設 シュワブに重機搬入」と言うニュース »

2015.01.09

パリでのテロ

パリ新聞社銃撃で12人死亡、という悼ましい事件が発生。
胸を痛めています。
亡くなった方には本当に哀悼の意をあらわすものです。
世界各国が哀悼と犯人への非難を表明しています。
暴力は絶対に許されない、と強く思うものです。

また上記記事によるとイスラムの人たちも、このような犯行は決して許してはいないようです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
仏イスラム評議会(CFCM)のダリル・ブバクール会長は今回の事件について、「民主主義、および報道の自由に対しても非常に野蛮な行為」と非難。実行犯は真のイスラム教徒を名乗ることはできないと述べた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そりゃそうですよね。

いずれにしても、
犯人が全員つかまり、
真相が明らかになることと、再びこのような事が起きないためにどうするかと、
考えていく必要がありますね。

|

« 対話拒否?安倍政権と沖縄 | トップページ | 「辺野古移設 シュワブに重機搬入」と言うニュース »

コメント

言論の自由・秩序・移民問題・宗教対立がいわれますが・・・。イスラム国と共通するとこもおおく?書きたくてもかけません。

全部書くとあまりにも長文で誰も読んでくれないし時間もないので部分的に書いてきています。

そこだけ読んで判断されてもうれしくないのですけど・・・。

投稿: あゆ | 2015.01.10 10:32

あゆさん。
こんにちは。

本当にこの問題、奥が深くて、どこから、どの視点で書いていいか分かりませんね。

言論の自由とは言え、やりすぎた風刺はやはり問題だと思うし、
だからと言って武力の行使はもってのほか。

また、フランス内でのイスラムの人々の今後も心配されますね。
ウウウム。

成り行きに注目です。

投稿: せとともこ | 2015.01.11 13:57

 事件の背景は、たしかに複雑なんですが、ごく原理主義的に考えて、欧米の市民革命の自由、平等、博愛の理念の相互の矛盾を解消すべく、世界人権宣言の前文では“人間の尊厳”がうたわれている。襲われた新聞社の表現の自由は、犯人たちの人間の尊厳との“かねあいを”欠いているのではないのでしょうか?
 政治とメディアの合作で、パリをはじめ大規模なデモが報道されて、日本のメディアも同調しているから、犯人の言い分は無視されていますが、これはミスリードだと思います。だいたい、なぜこの事件がフランスやアメリカで起きるのか、大航海時代からの数百年にわたる白人キリスト教徒の地球支配、侵略、植民地支配、人種差別、偏見の“オトシマエ”がいまだにつけられていないのです。NATOやEUは旧植民地への謝罪や贖罪をするべきだと思う。日本外交は、双方にそれを呼びかけることができる特別なポジションにいる。
 そしてそれは、大東亜戦争の戦争原因や日本の開戦理由の再認識にもつながるのではないのでしょうか?

投稿: 罵愚 | 2015.01.13 05:51

罵愚さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

実はまた簡単な手術します(いつもの持病)。
手術自体は2時間くらいですみますが、
その後、リハビリ。
落ち着いたら病院でもネットは使えると思いますが、
入院生活も検査やリハビリでかなり忙しい、、、


と、言う事で、
しばらく記事書けないかもしれませんが、宜しくお願いします。

投稿: せとともこ | 2015.01.14 17:14

投稿: あゆ | 2015.01.15 12:04

 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-28アウシュビッツ解放70年
個人と集団の意識の違いと集団の連続性。ユダヤの記憶


http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-15報道集めました   風刺画のテロ事件
政教分離が一応できた西欧とできないイスラム・移民2世などなど

投稿: あゆ | 2015.02.10 23:11

 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-28アウシュビッツ解放70年
個人と集団の意識の違いと集団の連続性。ユダヤの記憶


http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-15報道集めました   風刺画のテロ事件
政教分離が一応できた西欧とできないイスラム・移民2世などなど

投稿: あゆ | 2015.02.10 23:19

いくつもの問題が複合してるようですが
大きい問題の一つに政教分離があります。

日本と違い進んでいます。日本は宗教政党もありますよね。公共の場に宗教持ち込みません。
日本でもコミュニティハウスとか人が交わる心は最小限に政治と宗教はなしという暗黙があることも。

公共の場に宗教持ち込むと多様な人が共存するとき支障きたすことも。

フランスは宗教の政治介入のいやな歴史もあるそうで特に気にするそうです。イスラム教いじめる意識からでなく公共の場に宗教持ち込むから問題としているそうです。


日本でも政治に特定道徳持ち込む人たちはいるのでこういうのは見習ってほしいような・・・。

投稿: あゆ | 2015.02.10 23:26

あゆさん。
こんにちは。
相変わらず的確で鋭いコメントありがとうございます。

デンマークでもテロがありましたね。
なんだか言論がドンドン,封じ込められる世の中になるんでしょうか???

ご指摘のように政教分離、道徳の問題も含めて、しっかりと考えていかなければならないのでしょうが、
ツギツギに問題が起きて、なんだかかんだか、
どうなっていくんでしょう???

投稿: せとともこ | 2015.02.15 11:30

意見で目立つのが
「テロとの戦いだ」(注意・・監視強化・軍事作戦での)
「西欧が悪い」
「侮辱だ!」
この3つです。
どれもある程度は分からなくないですが極端に見えます。

記事より
テレビ局「フランス24」の討論番組(7日)で、イスラム教徒の地方議員マジド・メサウデネ氏は「シャルリ・エブドは風刺の度合いが許容範囲を超えていると思う」と指摘する一方で、「そんな風刺を世の中に出す権利は認める。同時に、『許容範囲を超える風刺だ』という自分の意見も社会に存在する権利があると思う」
以上


風刺画批判の意見に違和感感じています。でもこの議員さんの批判は腑に落ちます。他の人の批判には不足している部分がちゃんとあります。

どうしてもまとめられなくて相変わらず部分的に書いてます。

投稿: あゆ | 2015.02.17 17:03

あゆさん。
いつも情報ありがとう♡

確かに言論の自由って難しいですね。
曽野発言にしても、言っている内容は明らかにおかしくても、だからって、曽野さんが発言することまで、やめさせれないし、、、

いずれにしても、
他人を不快にしてまで発信することって、意味があるのかないのか、まず発信側が考えることって大事なんだろうな、、、と思います。
それは、私たち、ブロガーにも言える事ですよね。
襟を正さねば。

投稿: せとともこ | 2015.02.18 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/60945750

この記事へのトラックバック一覧です: パリでのテロ:

» 乱射事件を防ぐために報道機関や警察がやるべきこと [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
life---生まれてきて良かったと感じられる社会に     みんなが自分らしく生きれますように♪ 個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪ 一人一人を大切にして見捨てない社会に。 日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1 乱射犯の主張を公表しない 乱射犯の名前や顔を伏せる    経歴を報道したり動機を推測したりしない 事件の詳細や血生臭い描写を最小限にする 事件の写真や映像を公開しない ... [続きを読む]

受信: 2015.01.10 10:34

« 対話拒否?安倍政権と沖縄 | トップページ | 「辺野古移設 シュワブに重機搬入」と言うニュース »