« 続々、、、ゾクゾクと安倍内閣のカネと大臣たち | トップページ | 賛体制の構築に抗する 言論人、報道人、表現者の声明 »

2015.03.02

「自民「連続比例復活」議員支部党費収入ゼロ10人 実態は? 」というニュース

自民「連続比例復活」議員支部党費収入ゼロ10人 実態は? 税金はがっぽりと言うニュースを見つけました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自民党は、衆院選の公認候補予定者となる小選挙区支部長について、2回連続、小選挙区で敗れ、比例選で復活当選した現職議員を「暫定支部長」とし、差し替えの検討対象とする方針を決めました。該当する25人が支部長を務める政党支部を調べてみると、4割にあたる10人の支部が「党費収入ゼロ」だったことがわかりました。政党支部といいながら、その実態はなく、国民の税金である政党助成金をがっぽり受け取るための“財布”となっていました。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


あらら、、、
これは大変と言うか、やりたい放題だったのか???
ウウウム。
何が問題化と言うと、
「党費収入ゼロ」で支部としての実態がないにもかかわらず、政党助成金と企業献金を二重取りし、国民の税金もためこでいたというものです。
政党助成金制度の隙間をちゃっかりと利用したと、いうことですねぇ〜〜〜

ウウウウム。
何て言うのか、
国民からは消費税をはじめとして、いろんな場面場面で税金をバッチリとりながら、
その使い道に上のようなものがあるとしたら、
税金ってナァ〜〜ニって思いますねぇ。

|

« 続々、、、ゾクゾクと安倍内閣のカネと大臣たち | トップページ | 賛体制の構築に抗する 言論人、報道人、表現者の声明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/61219069

この記事へのトラックバック一覧です: 「自民「連続比例復活」議員支部党費収入ゼロ10人 実態は? 」というニュース:

« 続々、、、ゾクゾクと安倍内閣のカネと大臣たち | トップページ | 賛体制の構築に抗する 言論人、報道人、表現者の声明 »