« 我が軍発言 | トップページ | 「パイロットの1人、操縦室外にいた可能性も 独機墜落」と言うニュース »

2015.03.25

菅氏「自衛隊も軍隊の一つ」 と言うニュース

菅氏「自衛隊も軍隊の一つ」 首相の我が軍発言巡りと言うニュース。

ウウウム。

こんにちほど、憲法を思い、感じる事が、戦後70年の間であっただろうかと、考えています。
恥ずかしながら私は今まで日常の中で憲法を感じ、憲法に守られていると言う実感もなしに生活してきました。
今、安倍政権の行おうとしている、あるいは行っている諸々を見る時、
時計の針がウ==ンと逆戻りしていることを感じます。
いや大日本帝国憲法さえ顔まけの凄まじさです。
戦争するための憲法が私たちの生活の中に入り込み、私たちをガンジガラメにしようとしています。

今、私は、現日本国憲法誕生の経緯に思いを寄せました。
先輩たちが命を賭して守ろうとした平和や自由への願いが綴られている現日本国憲法。
その有り難みが心の底からわき上がり、うち震える者です。
憲法は、私たち国民が平和で自由で何人からも侵害されないことを高らかに謳ってある理念なのだと改めて思います。
国民を縛るためのものでは決してありません。
空気のように、
慎ましやかに、たおやかに、しかし出しゃばらず、
しかし無くてはならないものである事を私たちは今ほど、感じているときはありません!!!
「それ」があるからこそ私たちは守られているのです。
日常で憲法そのものを感じることがないことこそ憲法の意義だと心底理解したものです。

日本国憲法が誕生したとき、多くの先人たちは高らかに謳いました。
それは土岐善麿だったり、
堀口大学だったりするのですが、
もう盾や矛を持って戦わなくていい事の喜びを、
自由になったことの嬉しさを跳ねるように力強く短歌に残し、私たちに伝えています。

先輩たちのすぐれて新しいその思いが今、私にはぴたりと重なります。

|

« 我が軍発言 | トップページ | 「パイロットの1人、操縦室外にいた可能性も 独機墜落」と言うニュース »

コメント

瀬戸さん、こんにちは。またお邪魔します。

憲法改正がいよいよ迫ってきましたね。私は、憲法公布の年に生まれました。それで、両親は私の名前に「憲」の字を入れました。生まれながらの護憲派です。happy01
私は生徒たちに冗談で、憲法が変われば私はこの世にいないと言っていましたが、私も不治の病の宣告を受け、冗談がだんだん現実味を帯びてきました。coldsweats02

九条の会に参加していますが、九条の会は、素朴な非戦論の人、非武装中立論の人、自衛隊合憲論の人、仏教徒やクリスチャンの人もいて、幅の広い層が集まっていていいですね。様々な意見の人が結集しなければ、現在の暴走政治は止められませんからね。

左翼的な人たちの中に、九条の会を攻撃したり、左からの改憲を主張する人たちもいて、どう考えるか頭を使っています。
 例えば、『日本はなぜ、基地と原発をとめられないか』の著者、矢部宏治氏、『永続敗戦論』の白井聡氏、『選憲論』の上野千鶴子氏などです。
意見の違いは越えて、手をつなぐ道しかないですね。scissors

投稿: 墓石 | 2015.03.26 11:37

墓石さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
週末はサンフレッチェの応援に新潟に行ってきたので、お返事遅れて失礼しました。

さて墓石さん。
素敵なお名前ですねo(*^▽^*)o
ご両親の墓石さんに対する愛情の深さを感じました!
戦後すぐに生まれた新しい命にどんなに大きな喜びを感じられたか、想像に難くありません。
素敵なエピソードありがとうございました。

さてさて、9条。
はい、この会は「ゆる〜〜〜い」会なので、色んな方々が拘束されずに、それぞれのお考えで、
いろんなことをなさっています。
1つだけ一致点は「憲法を、9条を、平和を守ろう」と言う事ですが。
これが、今、一番大切なんだと思うこの頃です。
ご存知と思いますが、先日の日比谷で行われた抗議デモ、1万4千人の方々が集って「現政権ノー」の声を挙げましたよね、、、
凄いことだと思いました!!!
なかなか思うように運動が広がらなかったり、もどかしい思いをすることも多々あるのですが、
やっぱり、みんなのエネルギーって凄いな、と思います。
仰るように「意見の違いを超えて手をつないで」いくことの意義を感じています。
どうぞ、これからも宜しくお願い致します!!!

投稿: せとともこ | 2015.03.30 15:59

どこかで意見が分かれたのですが

建前についてです。
うちは建前は大事かと

極端例
「憲法はきせよ」
 「憲法改正」これは大違いです。
やってること思ってることは中身は同じでも敬意があるかないかが違います。


人を殴る人
「陰でこっそり殴る人」

「人前で公然と殴る人」そしてそれに異を唱えない周囲。
同じことをしていても[大きく違うと思います。


軍隊だと公言するのは怖いです。

投稿: あゆ | 2015.03.31 23:12

あゆさん。
こんにちは。
とても分かりやすい例。
言い得て妙ですね。

仰るように建前は大事ですよね。
今、安倍政権は、そんな建前さえかなぐり捨てて本音でドンドン迫ってくるようで、怖いです。。。
本当にこわい。
ウカウカできません。

投稿: せとともこ | 2015.04.01 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/61336069

この記事へのトラックバック一覧です: 菅氏「自衛隊も軍隊の一つ」 と言うニュース:

« 我が軍発言 | トップページ | 「パイロットの1人、操縦室外にいた可能性も 独機墜落」と言うニュース »