« 今日から4月 | トップページ | 「明日の記憶」を観て »

2015.04.02

同志社大学卒業式の総長スピーチが素晴らしい!!!

2014年度同志社大学卒業式祝辞(2015年3月20日)が素晴らしいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 この個人主義について、日本の憲法は、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、国政の上で最大の尊重を必要とする」と定めています。遅ればせながら、68年前の1947年5月3日に公布された日本国憲法で、個人主義を高らかに宣言したのです。

 あの悲惨な太平洋戦争の原因の一つであった、全体主義あるいは天皇中心主義といった国や社会のあり方について、深刻に反省し、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」て、全体主義・天皇中心主義の国や社会のあり方を180度転換して、「すべて国民は、個人として尊重される」としたのです。憲法13条は、まさに、日本国憲法の根幹を示すものとして規定されたのでした。

 ところで、諸君も十分判っていると思いますが、安倍首相の憲法改正の意欲は並々ならぬものがありまして、早晩、改正の動きが具体的になってくるものと予想されますが、そのために、自由民主党は自民党憲法草案なるものをまとめて公表するに至りました。その中で、「個人の尊重」という文言は改められて、「人の尊重」となっています。起草委員会の説明ですと、従来の「個人の尊重」という規定は、「個人主義を助長してきた嫌いがあるので改める」というものであります。今日の価値の根源となっている個人主義を、柔らかい形ではありますが、改めようとしているのです。このことは、これまで明確に否定されてきた全体主義への転換を目指していると言ってよいかと思います。

先にも申した通り、日本国憲法は、個人主義を正面から認め、人間社会におけるあらゆる価値の根源は、国や社会ではなく、一人一人の個人にあり、国や社会は、何よりも、一人一人の個人を大切にする、あるいは尊重する、といった原理であると考えています。

 自民党草案の他の規定を見ましても、個人よりも社会や秩序優先の考えかたがはっきりと表れており、にわかに賛成できませんが、私は、個人主義こそ民主主義、人権主義、平和主義を支える原点であると考えています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新島襄が目指したもの、標榜したもの、つまり「個人主義」が、
だんだんと全体主義に変えられていく危惧が痛いほど伝わってきました。。。
一人ひとりの人権、尊厳を大切にする社会でなければ、
その国はやがて衰退していくのでは、と言う警鐘をならしています。
個人の上に国を持ってこようとする現政権のやり方、しかもそれがあまりに性急である事に危惧を覚えるものです。

|

« 今日から4月 | トップページ | 「明日の記憶」を観て »

コメント

 歴史教科書のなかではグループとそれに所属する個人との関係に亀裂を入れたのはヨーロッパの白人キリスト教徒による宗教改革が最初だったと思う。宗教と個人の対立概念は領主や王様と領民が対立する市民革命を誘発して民主主義が確立した。個人と国家の対立の概念は、しかしオーバーランして、国家社会主義と人民社会主義のふたつの全体主義を生んだ。
 あなたの脳内では国家社会主義は全体主義に、人民社会主義は民主主義に格納されているようだが、国家社会主義も、人民社会主義も、ついでに付言すると日本の戦後平和主義も、み~んな個人の人権を軽視する全体主義だ。
 日本人社会の伝統としては、個人と社会を対立概念とは考えず、個人のとなりには家族がいて、その外周には地域社会や職域や親しい友人がいて、さらにその外側に国があって、人類社会がつつんでいるような、複数、多重な同心円につつまれた個人の概念で、日本の保守主義の神髄だと思う。
 平和構築に関する限り、西欧の近代科学の失敗があきらかで、そこのところで同大総長の認識はまちがっている。むしろ、日本の歴史や伝統社会をみなおすほうが、いいかもしれない。

投稿: 罵愚 | 2015.04.04 11:52

いいですね。

名前に自由がつく政党がありますが、どうみてもこの人たちがお好きでない旧社会主義国とほとんど同じにしか見えません。

違いは社会保障に消極的(あくまで比較で)

似てるのは国家統制
メディア介入
反権力叩き
規律・秩序が個々の人よりずっと大事

などなど

まあ単純化すると
旧社会主義国と資本主義国の悪いとこどりでしょうねえ。

投稿: あゆ | 2015.04.05 00:11

罵愚さん。
あゆさん。
こんにちは。
春の雨とはいえ、チョット寒いですね。

さて、頂いたコメント、お二人らしくていいですね。
それぞれのご意見、拝見致しました。

罵愚さんの言わんとする事もわかりますが、
いつも言われる戦後民主主義とか、平和主義とかとか。或はそれを全体主義と言われると、私としたら「ばぐさん、それ違うよ」としか言えません。
そんな言葉ではなく、私たちはひとりひとりの人権を大事にする社会を心から願い、目指しているんだから。。。

あゆさん。
ご指摘の通りだと思います。
このごろの政権与党、なんだか焦っているようで、怖いですね。
もっと、この問題、ゆっくりじっくっりと考えていきたいし、いかなければと思います。
いずれにしても、
これから益々問題が明らかになってくると思うのでしっかりと見ていきたいですね。

投稿: せとともこ | 2015.04.07 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/61375715

この記事へのトラックバック一覧です: 同志社大学卒業式の総長スピーチが素晴らしい!!!:

« 今日から4月 | トップページ | 「明日の記憶」を観て »