« なんだかいっぱい書きたいのですが。。。 | トップページ | ポツダム宣言全訳 »

2015.05.20

安倍さんの声明を内田樹さんがキル!

神奈川新聞への寄稿(ロング・ヴァージョン)と言うタイトルで内田樹さんが安倍総理の安保法案の閣議決定の折の記者会見について書いています。
冒頭から厳しい。
===================
神奈川新聞に安保法制についての安倍首相の声明の詭弁と嘘について書いた。
もう何度も書いたことなので、書いている本人もだんだんうんざりしてきたが、先方が「うんざりさせること」をめざして詭弁を弄している以上、つきあうしかない。

安倍首相の声明は、聞く人、読む人を欺くための作文です。これほど不誠実な政治的文書が公的なものとして通用するということは、それ自体が日本国民と日本の政治文化にとって屈辱的なことだと思います。
====================

と、言う事で安倍さんがレトリックを使って声明を発表したとしています。
その典型として以下の文言を最初に引用。
====================
〈日本が攻撃を受ければ、米軍は日本を防衛するために力を尽くしてくれる。そして、安保条約の義務をまっとうするため、日本近海で適時、適切に警戒、監視の任務に当たっている。私たちのため、その任務に当たる米軍が攻撃を受けても、私たちは日本自身への攻撃がなければ、何もできない。何もしない。これがこれまでの日本の立場だった。本当にこれで良いのでしょうか〉
「日本近海」とは何を意味するのか。近い、遠いというのは主観です。外交の用語でもないし、国際法上の概念でもない。東シナ海でも南シナ海でもマラッカ海峡でもインド洋でも、どこでも「日本にとって死活的に重要な海域」であると首相が認定すれば、それは「日本近海」になる。これは中国大陸侵略を正当化した「満州は日本の生命線」と同じレトリックです。
=====================

なるほど。
とてもよく分かると言うか、私ももどかしい思いで安倍さんの声明を聞いていました。
日本近海に、、、と言う言葉で私たちに仮装の状態を想像させ、こんなにも危険なのだから、、、と不安を煽る。
これって、集団的自衛権のときの「紛争地に取り残された母子」の紙芝居と同じですね。

これについては内田さんはさらに現状の日米安保について「近海の不安」を取り除いてくれます。

さらに筆は進み、内田さんは次の点について指摘しています。
=====================
〈米国の戦争に巻き込まれることは、絶対にあり得ません〉
その直前に首相は「米軍が攻撃を受けても、私たちは何もできない。本当にこれで良いのでしょうか」と言っています。では、米軍が攻撃を受けたときに、日本は何をする気なのか。まさか「祈る」とか「後方から声援を送る」とか言うことではないでしょう。「ともに戦う」以外のどういう行動がありうるのか。「戦争をすること」以外のなにをする気なのでしょう。たしかにそれなら日本がみずから進んで主体的に「戦争に参加する」ことになります。だから、これを「戦争に巻き込まれた」とは言えない、と。首相はそう強弁したいのでしょうか。
=====================

これは多くの方にも疑問を呈された言葉です。
「絶対に」と言う安倍さんへの不信というか、
この段階で絶対なんて言葉が言えるのか???

他の文言も考察しつつ最後は以下の文。
====================
〈まるで、自衛隊の方々が殉職していない方がおられるという認識を持っている方がいらっしゃるかもしれないが、自衛隊発足以来、今までも1800人の方が殉職されている〉
これは、一体どういう命題を帰結したくて口にした言葉なのでしょうか。
====================

これはネットでも相当に批判されていました。
今まで1800人の方が殉職なさったと安倍さんは言うのだが、
戦争、紛争地で亡くなった方はゼロです。
今、問題にしているのは自衛隊が紛争地、戦闘地に行くのでは、、、そうして亡くなる方もいるのでは、
と言う疑問が続出している時に、「これはないよな」と言う事で、かなり批判されました。

そうしていよいよ結び。
====================
安倍首相は年金問題のときに「最後のひとりまで」と見得を切り、TPPについては「絶対反対」で選挙を制し、原発事故処理では「アンダーコントロール」と国際社会に約束しました。「あの約束はどうなったのか?」という問いを誰も首相に向けないのは、彼からはまともな答えが返ってこないことをもうみんな知っているからです。
ここまで知的に不誠実な政治家が国を支配していることに恐怖を感じない国民の鈍感さに私は恐怖を感じます。
====================

ウウウム。
安倍さんは急ぎ過ぎなのでしょうか???
もう少し、色んな事を議論、討論をすすめて、合意を達していかなければ、
いずれ暴走するのでは、、、と危惧を覚えます。

この問題、今後もしっかりと見て行きたいです。

|

« なんだかいっぱい書きたいのですが。。。 | トップページ | ポツダム宣言全訳 »

コメント

 いくつものケースに分けて非常事態を想定した結果、じつに、解かりづらい議論で政治家とメディアと9条平和主義者たちが時間をつぶしている。
 わたしは思うのだが「自衛戦争はやる。侵略戦争はやらない」の一言で、9条も安保法制もいらない。問題は、いまやろうとしている戦争が自衛戦争なのか、侵略戦争なのかの判断を、いつ、だれがするのかなんだが、最前線で警戒警備中の兵士のまえに黒覆面の男があらわれてきたときには、とっさの判断は、その兵士がするに決まっている。指揮官の命令を待ってる余裕はないのだから、兵士個人の判断を信じるしかない。
 部隊だったら、指揮官の判断、自衛隊全体だったら総理の判断、もっと余裕があるのなら国会の議決をまてばいい。いずれも後日、その判断が正しかったか否かの検証はされるだろう。
 もうひとつ「自衛戦争はやる。侵略戦争はやらない」のところでは、与野党もメディアや学者たちにも異論はないのだから、いまの安保法制の議論は無駄だ。

投稿: 罵愚 | 2015.05.24 08:23

賛否のけてというか、譲って自衛権改善方向でかんがえてみます。


「ウクライナ乗っ取り」事件でヨーロッパでも緊張が高まっています。(報道機関いわく)

ロシア周辺は軍事支出増大です。
もちろんロシアは増大させています。


そしてあのドイツもついに増加させたそうです。

でも違いがあります。
戦前批判で戦前回帰的考えや発言に厳しいです。
同じように安全保障強化や集団的自衛をやろうとしても個々が違います。


日本憲法は当時最先端だったでしょうけど、いいほうに柔軟にいくといいのですが歯止めが弱いのです。


政権への信頼の欠如と歯止めのよわさ
橋下さん並み??の強引な運営してきた反発などがあるように思えます。

現政権下だからこじれているかも?

投稿: あゆ | 2015.05.27 16:10

セキュリティジレンマ  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-07-28

投稿: あゆ | 2015.05.27 16:13

罵愚さん。
あゆさん。
こんにちは。

お元気でしょうか?
私も元気ですが、毎日、リハビリで歩いているので、なかなかパソコン前に坐れなくて失礼しています。


罵愚さん>
私もこの頃、罵愚さんとの付き合いが長いので、あなたのもどかしさが分かります。
私とは個別具体的には違うのですが、仰ることは、そうだなとも思います。


あゆさん>
そうですね。
安倍さんが、なんだかこじれさしているような気がしますね。
ご紹介の記事、また拝見します。

投稿: せとともこ | 2015.05.29 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/61618851

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍さんの声明を内田樹さんがキル!:

» あゆの選んだ論点 [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
life---生まれてきて良かったと感じられる社会に     個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪ 一人一人を大切にして見捨てない社会に。 みんなが自分らしく生きれますように♪ 日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1 あえて単純化しています。  メディアおよび各政党の皆さま、以下の点で明確にしてください。 うやむやはだめですよ!ちゃんと答えなさいね。 例えば、TPPみたいに慎重にとい... [続きを読む]

受信: 2015.05.25 09:31

» サイレントキラーなお好み焼き [life---生まれてきて良かったと感じられる社会に]
  いろんなお好み焼きがあります。 でもどうもどのお好み焼きもぱっとしません。 不満に思ってたら近年、なんやらミクスとかいうお好み焼きが売れています。 一人勝ち状態とも言われています。  これは営業力が強く、どんどん耳触りのいい言葉並べて売り込んでいます。 まあ言うほどおいしくないけど、他がぱっとしないので売れているムードにのり人々はついつい買ってしまいます。  でもこのお好み焼き合理化されて作られています。 もちろん安全と言われてますけど・・・。 「直ちに健康被害はない。」だ... [続きを読む]

受信: 2015.05.25 09:33

« なんだかいっぱい書きたいのですが。。。 | トップページ | ポツダム宣言全訳 »