« ホテルルワンダ | トップページ | 「アベノミクスの限界露呈では」 ??? »

2015.08.24

「国立大に文系再編の波、26校が学部の改廃計画」と言うニュース

国立大の文系見直しという事でネットでは物議を醸しています。
国立大に文系再編の波、26校が学部の改廃計画と言うニュースを下に掲載します。
===============
文系学部のある全国の国立大60校のうち、半数近い26校が2016年度以降、文系学部の改廃を計画していることが、各国立大学長を対象にした読売新聞のアンケート調査でわかった。

 教員養成系学部を中心に計1300人以上の募集が停止され、定員の一部を新設学部に振り分けるなどの改革が行われる。国立大の文系に再編の波が押し寄せている実態が浮かび上がった。

 文部科学省は今年6月、大学改革を狙いに、法学部や経済学部などの人文社会科学系と教員養成系の学部・大学院の廃止や他分野への転換を求める通知を出した。アンケートはこれを受け、全国立大86校の学長に7月末現在の学部の改廃計画や通知への受け止めなどを尋ね、81校から回答を得た。
(上記ニュースより原文ママ)
==============

うううむ。

これって大学は「技術養成機関」になるってことなのかな???
文系の学問って即実践力、即戦力にはなりませんが、
一番大切な考える力とか、推理する力、また立ち直る力などを育てる大切な学問だと考えます。
理系と文系の両方の学問があってこそ、バランスのとれた人間が育つのでは、、、と私は考えるのですが。

ウウウム

|

« ホテルルワンダ | トップページ | 「アベノミクスの限界露呈では」 ??? »

コメント

 日本人社会は、おそらく他とは比較できない不思議なところで、ひとは20代前半にどこにいたかで、運命のおおかたがきまってしまう。一流大学から一流企業に就職できれば一流の人生が約束される。生涯を約束される正社員なんて、社会主義国の共産党幹部要員だな。
 教育は知識や技術ではなく、階級を分類する指標だ。レッテルだから、中身は保証しないし、賞味期限は短い。
 日本人社会が文学者やら経済学者を何人必要としているだろうか? おそらく毎年10人も補充しておけば、充分需要はまかなえるだろうに、何万人…あるいは10万人を超える大量の学士さんが社会に排出される。経済学士さんが保険のセールスをしたり、コンビニの店長になる。
 文教政策が日本人全体の生涯を不幸の谷底に突き落としている。

投稿: 罵愚 | 2015.08.26 05:42

理系と文系の両方の学問があってこそ、バランスのとれた人間が育つのではとうちも思います。
付け加えると
理系が得意な人・文系が得意な人両方必要です。

投稿: あゆ | 2015.08.27 13:59

罵愚さん。
あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

罵愚さん。
私はやはり文系の学問ってすぐに役に立たなくても、
絶対に見えない所で役にたっていると思うのですよ。それってスポーツや芸術にもいえることだと思います。
人間って効率だけでなく、潤いとか癒しとか必要だし。
それに文系の学問って世の中の土台だと思うのですが。。。
どうでしょう。


あゆさん。
そうですね。
私も同じ意見です♫

投稿: せとともこ | 2015.08.27 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62148221

この記事へのトラックバック一覧です: 「国立大に文系再編の波、26校が学部の改廃計画」と言うニュース:

« ホテルルワンダ | トップページ | 「アベノミクスの限界露呈では」 ??? »