« 武藤議員、自民党離党だそうです | トップページ | 「広島の土砂災害から1年 被災地は追悼の祈り」と言うニュース »

2015.08.20

統合幕僚監部内部文書に関わり国会の厳正なる対応を求める緊急声明


統合幕僚監部内部文書に関わり国会の厳正なる対応を求める緊急声明
が憲法研究者から出ました。

====================
憲法研究者の有志は、統合幕僚監部の内部文書に関して国会の厳正なる対応を求める緊急声明を発しました。この記者発表は、8月21日午前10時半から参議院議員会館105で行ないます。

========================================

統合幕僚監部がいわゆる安保関連法案の成立を前提に、詳しい文書を作成していたことが明らかになった。この文書には、憲法上見過ごすことのできない以下のような問題があると私たちは考え、国会の厳正なる対応を求めるものである。

第1に、今回明らかになった文書は、単に法案成立前に関係官庁が一般的な「分析・研究」を行なうことを越える重大な問題をもっている。そもそもこの文書を作成した統合幕僚監部は自衛隊を統合運用する組織である。また本文書によると、今後はこの統幕が主管となって「日米共同計画」という軍事作戦計画は「計画策定」するものとされている。このような軍事作戦の策定・運用にあたる組織が、その合憲性に深刻な疑義のある法案について、その成立を何らの留保なしに予定して検討課題を示すことは、憲法政治上の重大な問題である。

第2に、この文書は、「日米防衛協力のための指針」(以下、ガイドライン)実施のための国内法整備が今回の安保法案であり、この法案にない事柄は国会に諮ることなく実施されることが当然としている。これは、ガイドラインこそが日本の防衛当局にとっての最上位規範であることを露骨に示すものである。そもそもガイドラインは、政府がアメリカと結んだ政策文書であって、国会の審議や合意を経たものではない。また、この文書には本来国内法上の根拠を必要とする筈の自衛隊の運用課題も、ガイドラインのみを前提に示されている。これらは重大な国会軽視であり、独走であると言わねばならない。

第3に、この文書は、ガイドラインにも記されていないACM(同盟調整メカニズム)内の「軍軍間の調整所」設置、そして法案にはない特定地域をあげて南スーダンPKOへの「駆付け警護」等の業務の追加、南シナ海における警戒監視などへの関与といった検討課題を記している。のみならず、「日米共同計画の存在の対外的明示」は「抑止の面で極めて重要な意義を有する」とまで明記している。これらはこの文書が法案内容を自衛隊トップに単に周知するための一般的な「分析・研究」文書ではなく、法案成立を前提に自衛隊がとる運用施策を特定の対外政策に結びつけ、速やか実現することを促す文書であることを示している。これは議会制民主主義のプロセスよりも防衛実務の事情を優先した対応といわざるをえず、「軍部独走」という批判をまぬがれない。

第4に、ここで挙げられている検討課題が、駆付け警護における武器使用基準の緩和、平時からのアセット防護、そして在外邦人の救出など、武力行使に直結する内容のものであることも見逃すことができない。法案のこれらの点に関する国会審議は全く不十分であるが、この文書はこうした課題を新法施行後ただちに実施することを予定している。総じてこの文書はガイドラインに基づいて事実上の武力行使を含む「切れ目のない」自衛隊運用の課題を挙げるもので、憲法の平和主義に基づく対外関係の推進に反するものとなっている。

私たち憲法研究者有志は、国権の最高機関である国会が、今回明らかになった文書がもつ深刻な問題を受けとめ、唯一の立法機関としての役割を真摯に果たし、全国民の代表として国民の信託に応えることを求めるものである。

■ 賛同者(2015年8月20日 12時現在 35名)

麻生多聞 (鳴門教育大学)
足立英郎 (大阪電気通信大学)
井口秀作 (愛媛大学)
稲正樹 (国際基督教大学)
井端正幸 (沖縄国際大学教授)
植松健一 (立命館大学教授)
植村勝慶 (國學院大學)
大久保史郎 (立命館大学)
大野友也 (鹿児島大学准教授)
小沢隆一 (東京慈恵会医科大学)
上脇博之 (神戸学院大学法学部)
君島東彦 (立命館大学教授)
倉持孝司 (南山大学法務研究科教授)
小林武 (沖縄大学客員教授)
小松浩 (立命館大学)
斉藤小百合 (恵泉女学園大学)
笹沼弘志 (静岡大学教授・憲法学)
清水雅彦 (日本体育大学教授)
高橋利安 (広島修道大学)
竹森正孝 (岐阜大学名誉教授、岐阜市立女子短期大学前学長)
多田一路 (立命館大学)
建石真公子 (法政大学)
長岡徹 (関西学院大学)
中里見博 (徳島大学准教授)
永田秀樹 (関西学院大学教授)
永山茂樹 (東海大学)
丹羽徹 (龍谷大学法学部教授)
根森健 (新潟大学・埼玉大学名誉教授)
三輪隆 (埼玉大学名誉教授)
村田尚紀 (関西大学)
本秀紀 (名古屋大学大学院法学研究科教授)
森英樹 (名古屋大学名誉教授)
柳井健一 (関西学院大学法学部教授)
横田力 (都留文科大学教授)
和田進 (神戸大学名誉教授)
====================

|

« 武藤議員、自民党離党だそうです | トップページ | 「広島の土砂災害から1年 被災地は追悼の祈り」と言うニュース »

コメント

こういう人達に力与えるのは問題ですねえ。

投稿: あゆ | 2015.08.27 13:50

あゆさん。
国会をみていると
審議ストップばかりです。
いかにいい加減で思いつき、やっつけの法案かと呆れるばかりです。
もう「廃案」しかありませんよね。。。

投稿: せとともこ | 2015.08.28 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62119664

この記事へのトラックバック一覧です: 統合幕僚監部内部文書に関わり国会の厳正なる対応を求める緊急声明:

« 武藤議員、自民党離党だそうです | トップページ | 「広島の土砂災害から1年 被災地は追悼の祈り」と言うニュース »