« 「安保関連法 徹底抗議・非承認声明」京都96条の会より | トップページ | 「[集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答」と言うニュース »

2015.09.24

[安保法案は可決していない その1]BLOGOSより

安保法案は可決していない その1と言う記事がBLOGOSに出ました。
岡田直樹さんという社会学者の意見です。
では記事をみていきましょう。

まず「安保法案は違憲無効である」と筆者は述べます。
その理由は「安保法案は、憲法第9条に明らかに反している」というもの。

そして、「学者の会」からの引用を紹介。http://anti-security-related-bill.jp/

===============
法案は、①日本が攻撃を受けていなくても他国が攻撃を受けて、政府が「存立危機事態」と判断すれば武力行使を可能にし、②米軍等が行う戦争に、世界のどこへでも日本の自衛隊が出て行き、戦闘現場近くで「協力支援活動」をする、③米軍等の「武器等防護」という理由で、平時から同盟軍として自衛隊が活動し、任務遂行のための武器使用を認めるものです。
===============

これは明らかに憲法9条を逸脱しているものと筆者は言います。
どのように言い訳を行っても、武力を使用し、あるいはアメリカの戦争に武器・食料等の援助を(無償で!)行う安保法制は、文字通り戦争法案であって、違憲だと主張。
実際、もう南スーダンへ自衛隊が派兵する段取りが取り決められています。
米兵は殆どいなくて、中国軍をはじめとして多国籍軍隊の駆けつけ警護。

今日は今日で、国連の緒方さんから痛烈に批判された「積極的平和主義」。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/23/refugees-japan-ogata-sadako_n_8186670.html
難民を受け入れる事こそが「積極的平和主義ではないか」と。
しかし、
安倍さんの積極的平和主義は「同盟国である米国を始めとする関係国と連携しながら,地域及び国際社会の平和と安定」に寄与するために武力を行使すること、あるいは他国まで行って武力で威嚇すること」です。
「積極的平和主義」と言う言葉を最初に使ったガルトゥングさんにも苦言を呈された安倍さんですが。

そして、これは多くの方に指摘されているように、
「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という第9条に明確に違反。

さて筆者の岡田さんはこの採決が無効であることを以下に説明しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
憲法第98条には次のようにうたわれています。

1 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、 詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

それゆえ、安保法案も、またその採決も、いっさいがっさい、すべて【効力を有し】ません。安保法案の採決など存在しなかったし、それが憲法に反する限り、一切存在しえないのです。

どれだけ審議を積み重ねようと、またどれだけ正規の手続きを踏んで可決したとしても、そもそも安保法案は効力がないし、私たち国民はそんなものに唯々諾々としたがう必要はない。私たちは、まずその事実から出発する必要があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こうして無効採決の戦争法案が世に出され、
自衛隊の皆さんは海外派兵させられるのですが、
なんとか、
この採決を無効だということを多くの方に知って頂き、
もう一度委員会で討論、質疑応答して、精査してもらいたいものです。
個人的にはこの法案は「廃案」と思っているのですが、、、


|

« 「安保関連法 徹底抗議・非承認声明」京都96条の会より | トップページ | 「[集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答」と言うニュース »

コメント

一理あるのですけど


現憲法の弱点です。99条違反98条違反に無力です。

違憲訴訟も門山払いされやすいです。


投稿: あゆ | 2015.10.21 10:02

あゆさん。
こんにちは。
そうですね、、、

なんだか、この頃、自民党のしていることをみていると、憲法の弱点もさることながら、
鉄壁かと思うものまで、崩しに崩していく感がしてなりません。。。
三権分立が本当に怪しくなってきていて。。。

いったい、どうなるんでしょう???

投稿: せとともこ | 2015.10.29 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62344802

この記事へのトラックバック一覧です: [安保法案は可決していない その1]BLOGOSより:

« 「安保関連法 徹底抗議・非承認声明」京都96条の会より | トップページ | 「[集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答」と言うニュース »