« 安保法案 | トップページ | 安保法案「 四 合衆国軍隊等の部隊の武器等の防護のための武器の使用」 »

2015.09.20

安保法案「 三 在外邦人等の保護措置」について

安保法案の続きです。

まずこの自衛隊関連の部分ではとくに問題になったのは取り残された母子です。
法律上は以下の通り。
=================
三 在外邦人等の保護措置
1 防衛大臣は、外務大臣から外国における緊急事態に際して生命又は身体に危害が加えられるおそれがある邦人の警護、救出その他の当該邦人の生命又は身体の保護のための措置(輸送を含む。以下「保護措置」という。)を行うことの依頼があった場合において、外務大臣と協議し、内閣総理大臣の承認を得て、部隊等に当該保護措置を行わせることができるものとすること。

2 防衛大臣は、1により保護措置を行わせる場合において、外務大臣から保護することを依頼された外国人その他の当該保護措置と併せて保護を行うことが適当と認められる者(3において「その他の保護対象者」という。)の生命又は身体の保護のための措置を部隊等に行わせることができるものとすること。

3 1により外国の領域において保護措置を行う職務に従事する自衛官は、その職務を行うに際し、自己若しくは当該保護措置の対象である邦人若しくはその他の保護対象者の生命若しくは身体の防護又はその職務を妨害する行為の排除のためやむを得ない必要があると認める相当の理由があるときは、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度で武器を使用することができるものとすること。
===================

これが実は日本人が乗っていようと乗っていまいが関係ないことが中谷さんの答弁で明らかになりました。
民主党の大野議員の質問に答えた物です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>「退避する邦人が米軍の軍艦に乗っている。これについてどこが存立危機(事態)なのか」(民主党 大野元裕参院議員)
 「邦人が乗っていないからといって存立危機事態に該当することは決してないというものではない、ということでございます」(中谷元 防衛相)

「だから国民に分からないんですよ。この米艦に乗っている邦人は存立危機事態とは関係がないということでよろしいですね」(民主党 大野元裕参院議員)
「邦人が乗っているか乗っていないか、これは絶対的なものではございません」(中谷元 防衛相)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらら。。。
あらら。。。

立法事実がないと、さんざん野党に突っ込まれた部分です。

|

« 安保法案 | トップページ | 安保法案「 四 合衆国軍隊等の部隊の武器等の防護のための武器の使用」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62316334

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案「 三 在外邦人等の保護措置」について:

« 安保法案 | トップページ | 安保法案「 四 合衆国軍隊等の部隊の武器等の防護のための武器の使用」 »