« [安保法案は可決していない その1]BLOGOSより | トップページ | [安保法制「成立していない」、学者や弁護士らから続々あがる声ー参議院則違反、記録も無く「採決不存在」と言うニュース »

2015.09.28

「[集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答」と言うニュース

集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答と言うニュースが出ました。
ニュースはすぐに消えるので、ここに原文ママで掲載しておきます。
====================
 政府が昨年7月1日に閣議決定した集団的自衛権の行使容認に必要な憲法9条の解釈変更について、内閣法制局が内部での検討過程を公文書として残していないことが分かった。法制局によると、同6月30日に閣議決定案文の審査を依頼され、翌日「意見なし」と回答した。意思決定過程の記録を行政機関に義務づける公文書管理法の趣旨に反するとの指摘が専門家から出ている。

 他国を攻撃した敵への武力行使を認める集団的自衛権の行使容認は、今月成立した安全保障関連法の土台だが、法制局はこれまで40年以上もこれを違憲と判断し、政府の憲法解釈として定着してきた。

 法制局によると、解釈変更を巡り閣議前日の昨年6月30日、内閣官房の国家安全保障局から審査のために閣議決定案文を受領。閣議当日の翌7月1日には憲法解釈を担当する第1部の担当参事官が「意見はない」と国家安全保障局の担当者に電話で伝えた。

 横畠裕介長官は今年6月の参院外交防衛委員会で、解釈変更を「法制局内で議論した」と答弁。衆院平和安全法制特別委では「局内に反対意見はなかったか」と問われ「ありません」と答弁した。法制局によると今回の件で文書として保存しているのは、安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の資料▽安保法制に関する与党協議会の資料▽閣議決定の案文−−の3種類のみで、横畠氏の答弁を裏付ける記録はない。

 「集団的自衛権行使は憲法上許されない」とする1972年の政府見解では、少なくとも長官以下幹部の決裁を経て決定されたことを示す文書が局内に残る。法制局が審査を行う場合、原則としてまず法制局参事官が内閣や省庁の担当者と直接協議し、文書を残すという。しかし、今回の場合、72年政府見解のケースのように参事官レベルから時間をかけて審査したことを示す文書はない。

 公文書管理法(2011年4月施行)は「(行政機関は)意思決定に至る過程や実績を検証できるよう、文書を作成しなければならない」(第4条)とする。

 解釈変更を巡る経緯について、富岡秀男総務課長は取材に「必要に応じて記録を残す場合もあれば、ない場合もある。今回は必要なかったということ。意図的に記録しなかったわけではない」と説明。公文書管理法の趣旨に反するとの指摘には「法にのっとって文書は適正に作成・管理し、不十分との指摘は当たらない」と答えた。横畠氏にも取材を申し込んだが、総務課を通じて「その内容の取材には応じない」と回答した。【日下部聡、樋岡徹也】

 ◇「民主主義の原点」記録なし識者批判

 内閣法制局に関する本や論文を多数執筆している明治大の西川伸一教授(政治学)は「戦後の安全保障政策の大転換であるにもかかわらず、たった一晩で通すなど、あまりにも早すぎる。白紙委任に近い。従来の法制局ならあり得ないことだ」と指摘する。さらに、検討の過程を公文書として残していないことについても、「記録を残さないのは疑問。国民によるチェックや後世の人々の参考のため、記録を残すのは民主主義の原点だ。政府は閣議の議事録を公開するようになり、公文書管理法も制定された。その趣旨にのっとって、きちんと記録を残すべきだ」と話す。

==============

これはちょっと酷過ぎというか、
なんでもアリだったんですね。。。
私でさえ、備忘録としてブログに書いているのに。。。
記録に残さないと、事実が曖昧になって、
いつのまにか、ドンドン変ってくるんですよね。
人の記憶ってすごく脆いから。
もちろん、今回の内閣法制局は確信犯だんでしょうが。。。

ウウウム。
これは大いに問題ですね。
徹底的に追及する必要がありそうです。

|

« [安保法案は可決していない その1]BLOGOSより | トップページ | [安保法制「成立していない」、学者や弁護士らから続々あがる声ー参議院則違反、記録も無く「採決不存在」と言うニュース »

コメント

記録なしはさすが自民党です。

秘密保護法で」内緒にしても
将来情報公開しなくて済むように最初から作らないのですから。


言いたいのはマイナンバー反対!!

最初から作らなければ膨大な手間暇と予算つかいセキュルティせずに済みます。
わざわざ攻撃目標作らないでほしいです。

安全保障がお好きな人たちが推進するのでその視点で書くと
武力で本土攻撃よりサイバーでマイナンバー狙うほうが現実的攻撃でしょう。
武力なら
東京と若狭湾を集中攻撃するでしょう。

命中精度はそこまでないらしいので今はあたりにくいでしょうけどいずれ集中されたらあたるかも。
わざわざ攻撃目標作るなんて・・・

投稿: あゆ | 2015.10.21 10:00

あゆさん。
コメントありがとうございます。

いただいたコメント、拝見しながら、
まったく今の自民党の考えていること、自分たちもこんがらがっているんじゃと、、、思いますねぇ。

マイナンバーもまったくどうなることやら。
膨大税金を投入して。
さてさて。
この問題も今後も注目ですね。

投稿: せとともこ | 2015.10.29 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62369233

この記事へのトラックバック一覧です: 「[集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答」と言うニュース:

« [安保法案は可決していない その1]BLOGOSより | トップページ | [安保法制「成立していない」、学者や弁護士らから続々あがる声ー参議院則違反、記録も無く「採決不存在」と言うニュース »