« 委員会採決、分かるほどに疑問が増します | トップページ | 「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます »

2015.09.19

強行採決にあたりシュミレーション

こんなニュースを見つけました。
安保法案 “ふくよかな”議員が外側ブロック、自民の「鴻池委員長防衛シフト」
====================
参院平和安全法制特別委員会で17日に行われた安全保障関連法案の採決では、自民党の若手議員が採決を妨害する野党議員から鴻池祥肇委員長を防御するため、防衛大学校名物の「棒倒し」を参考に、綿密な守備計画を作り上げた。防衛大出身の佐藤正久筆頭理事が指南役となり、開会前の同日早朝、ひそかに集まってシミュレーションもしたという。

 関係者によると、佐藤氏はまず、若手議員らを(1)鴻池氏を取り囲んで守る係(2)鴻池氏に詰め寄ろうと近寄ってきた野党議員をはね返す係(3)採決時に起立賛成するため席に戻る係-の3グループに分類。17日午前7時頃には、同委開会前の参院第1委員会室に極秘に議員を集め、委員長席の背後など特に厚くブロックすべき位置を指南した。

 鴻池氏のすぐ側には身長の高い議員を、外側には、脇からの侵入を防ぐため、ふくよかな議員を並べるなど緻密に計算したという。

 若手議員たちは室内で、それぞれの体格や運動能力に応じた配置を考え、最も早く委員長席にたどり着くルートなどをシミュレーション。それが鉄壁の守備につながったという。

 棒倒しは防衛大の伝統競技。毎年11月に開かれる開校記念祭の名物で、4チームが高さ数メートルの棒をめぐり攻守を繰り広げる。
(原文ママ)
====================


これは酷い。
ちょっとあんまりではないだろうか???
ヒゲの隊長さん。

勿論、若手議員はこの委員会の委員ではない部外者です。

そこまでしてこの法案を通す必要があったのか???

|

« 委員会採決、分かるほどに疑問が増します | トップページ | 「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます »

コメント

 理事会室を封鎖したり、議長席で乱暴狼藉をはたらく原因者の責任は放置したご意見ですね。自衛権を放棄して、侵略国にシンパシーをもつ在日日本人の特質でしょうか、

投稿: 罵愚 | 2015.09.20 05:46

罵愚さん。
本当にそう思われますか?

今まで、ご意見は違う所もあるが、
「筋」は通す結構、ユニークで面白い方と認識していたのですが、
本当に、頂いたコメントのように思われているのなら残念です。。。

投稿: せとともこ | 2015.09.20 07:26

 思います。与野党間の対話や議論が成りたたなかった原因は、どこから話しはじめるかで、責任が入れかわるニワトリとタマゴですが、おなじ野党でも共産党はともかく民主党や社民党が日本国民の安全を裏切って、他国におもねる売国勢力であることはたしかで、中身は正反対ですが小沢一郎やすくなくない自民党議員にも、その疑いは濃いと思います。
 わたしは、多くの日本の政治家は信用できないと思っております。

投稿: 罵愚 | 2015.09.21 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62310995

この記事へのトラックバック一覧です: 強行採決にあたりシュミレーション:

« 委員会採決、分かるほどに疑問が増します | トップページ | 「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます »