« 彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? | トップページ | 新しいパソコンがきました!!! »

2015.10.30

小保方晴子氏の博士号取り消しへ

小保方晴子氏の博士号取り消しへ 早稲田大学、博士論文不正でというニュース。
==============
撤回されたSTAP細胞論文の筆頭著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)の博士号について、早稲田大が取り消す方針を固めた。毎日新聞などが10月30日に報じた。早大学内の審査委員会が判断したもので、近く発表するという。

小保方氏は2011年3月に早大で博士号を取得。ところが昨年2月にSTAP論文の不正疑惑が浮上すると、博士論文でも全体の5分の1に当たる20ページ超に米国立衛生研究所のホームページと同じ記述があるなど多数の問題が指摘されるようになった。

早大は同10月、「研究者としての基本的な注意義務を著しく怠った」として、博士号を1年程度の猶予期間を設けたうえで取り消すことを決定。大学側にも審査の不備などの責任があったことを理由に、期間中に小保方氏が研究倫理の再教育を受け、論文を適切に訂正すれば学位を維持するとの異例の判断を示していた。

(早大:小保方氏の博士号取り消しへ 再提出論文で判断 - 毎日新聞 2015/10/30 08:30)

小保方氏側は猶予期間の延長を求めたが、認められなかったという。

小保方氏は2014年1月にSTAP細胞の論文を発表。しかし捏造や改竄が見つかり、論文は撤回された。
(上記ニュースより)
==============
あらら。。。
ついに、
と、いうか、
ううムムとため息。

STAP細胞はES細胞だったというニュースが出て「一体、なんだったのでしょうかね?」あの騒動はと、思っていたのですが、
ついに小保方さんご自身も博士取り消しですかぁ。

小保方さん本人よりも体制の方が、もっと問題ありそうな今回の事件。
今後、このようなことが起きないために、どうしたらいいのか?
検証する時ですね、今が。
今後の動きをみていきたいです。

|

« 彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? | トップページ | 新しいパソコンがきました!!! »

コメント

この件

私たちは裁判官じゃないです。

判断したくないです。


ただそれをとり扱う世論については考えたほうがいいと思います。

バッシング社会は抑制したほうがいいと思います。

日記に書いていますが「レミングの群れ」現象状態です。

誰もが叩かれるのを恐れ委縮し強い方につき、一緒に批判し始めます。

そういじめ黙認と似てます。

投稿: あゆ | 2015.11.01 09:18

あゆさん。
そうですね。
あゆさんは一貫して「この立場」でしたね。
私は、
小保方さん個人よりも組織の問題については言及していかなければと、思います。
小保方さんは言ってみれば、ある種の犠牲者でもあるわけで。
きちんと基礎教育がなされないまま、
博士を手にいれて、
研究の現場に放り投げられ、右往左往の中、成果を出さねばならなかったのでしょうね。
こんなことが再びおこならないように、この問題はきっちりと解明してほしいと思うのです。

投稿: せとともこ | 2015.11.05 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62577898

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方晴子氏の博士号取り消しへ:

« 彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? | トップページ | 新しいパソコンがきました!!! »