« 2015の流行語大賞はどれだろうか??? | トップページ | 金沢から蟹が! »

2015.11.12

民主党混迷

民主党、混迷ですね。。。
うううむ。
こまったものだ。
民主党・維新の党:前原氏、江田氏「解党して新党」で一致というニュース。
================
 民主党の細野豪志政調会長と前原誠司元代表、維新の党の江田憲司前代表が11日、東京都内のホテルで会談し、自民党に対抗するため、両党が解党した上で新党を作るべきだとの認識で一致した。年内の野党勢力の結集につなげる狙いがあり、前原氏は近く、岡田克也代表に申し入れる見通しだ。

 参加者の一人は取材に対し「民主党を存続させた吸収合併では国民の期待は得られない」と語った。民主党内では岡田氏らが解党に慎重な一方、保守系を中心に新党を求める声が強まっている。

 保守系グループをまとめる細野氏や、自らグループを率いる前原氏が公然と新党結成を要求すれば、党内で解党論が強まる可能性があり、岡田氏らとの路線対立が深刻化しそうだ。
(上記ニュースより)
===============


うううむ。
なんだかなぁ。
とはいえ、これでスッキリすればいいかも。

|

« 2015の流行語大賞はどれだろうか??? | トップページ | 金沢から蟹が! »

コメント

 維新の分裂騒ぎの玉突き衝突ではじまった民主党の内紛だが、左右に分かれるとして、左翼は社民と見分けがつかない古物品で、社民党のダミーになっちまう。町内に2軒めのゴミ屋敷が誕生したようなもんだな。右翼は、これに保守とか右翼のラベルを貼っても世間に通用するのかどうか、学習塾の中学生みたいな顔をした“とっちゃんボーヤ”が並んでいる。
 別れれば、そりゃか、スッキリはするんだろうが、生ゴミと可燃物の分別ぐらいの意味しかない。

投稿: 罵愚 | 2015.11.13 04:23

 国際社会では歴史的役割を終えたコミュニズムが、日本列島でだけは、いまだに生命を保っている。選挙をすれば、一定の無視できない得票をする。まさしく、政治的ガラパゴス列島だな。
 残った多数域を“保守”と呼ばれる勢力が占めていたわけだが、保革対立時代は大同団結していた保守の実態は「利権屋集団」だった。田中角栄、金丸信、小沢一郎、野中広務、古賀誠といった、利権を優先して国益に興味をもたない面々が中枢を占めていた。
 こういうなかから保守回帰の機運が生まれて、日本の保守とは、つまり自虐史観を超越した歴史観の持ち主ということになるのだが、この愛国史観の持ち主も経済政策では「霞が関主導経済」と「市場経済」の二派に分かれる。整理すると「自虐史観」「霞が関」「市場経済」のみっつの政治勢力がみつ巴の時代が来れば、ネットの政治談議も面白くなるのではないかなぁ?

投稿: 罵愚 | 2015.11.13 11:52

罵愚さん。
こんにちは。
示唆にとむコメントどうもです。
確かにこのごろの保守って、以前のような切れ味がないですよね。
まぁ、私は一概に自虐史観とひとくくりにはしませんが、保守層も混迷しているのか、、、と思うことはあります。
尤も、民主党もそうですが。。。
こまったものだ。
それだけ世の中が複雑になり、また情報が錯綜する時代なんですね。
またいろいろと保守について教えて下さい。

投稿: せとともこ | 2015.11.16 11:47

ものごとはいくつも面があるように思います。
逆に迷走しなくてまとまる自民は恐怖ですよね。


決められる政治・・・ナチス政権・プーチン政権・安部政権=強い●●もとめる。 
IS(イスラム国)も多分。

決められない政治・・・ナチ・ス以前の社民党・鳩山政権


弱腰オバマ政権と強気のプーチン政権


迷走にはよし悪しのようです。

迷走か決められる政治の2択はあまりうれしくないです。

投稿: あゆ | 2015.11.17 14:14

あゆさん。
おっしゃること、とても分かります。
理論的で冷静に分析されているあゆさんらしい。

私たちは、とにかく民主党になんとか、なんとか立ち直ってもらいたいというか、
自民党への対抗の受け皿としての期待が大きいので、
つい「おいおい」と叱咤します。
あんまり激励すること、この頃の民主党にないので。
(;ω;)

投稿: せとともこ | 2015.11.19 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62664688

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党混迷:

« 2015の流行語大賞はどれだろうか??? | トップページ | 金沢から蟹が! »