« パリで複数の銃撃や爆発、100人超死亡 人質事件も | トップページ | 宜興紫砂壺 »

2015.11.16

『起終点駅 ターミナル』を観ました

昨日の日曜日、夫と映画に行こうと急に思いついて、
朝、ネットで映画館情報を調べました。
いろんな映画があって、みんな面白そう!!!
何を観ようか迷ったのですが、時間と面白さとのバランスがちょうどよかったのがこの映画。
『起終点駅 ターミナル』
内容、あらすじはネタばれになったらといけないので、公式サイトから、以下の通り。
=================
「終点駅」はやがて「始発駅」になる。
誰の人生のなかにも終点と起点があり、終わりだと思っていた場所が始まりの場所になる──。

『起終点駅 ターミナル』は、果ての街・釧路で人生の終わりへと向かっていたはずの男と女が出会い、孤独を分かち合い、そして再びそれぞれの人生の一歩を歩きはじめる感動の物語。原作は2013年に「ホテルローヤル」で第149回直木賞を受賞しベストセラー作家となった桜木紫乃が2012年に発表した「起終点駅 ターミナル」。6作からなる短編集の表題作の映画化だ。
(上記サイトより)
=================

私は桜木紫乃さんの作品は読んだことがないので、映画を観るまで何も思わなかったのですが、
映画を観終わったてから「ちょっと読んでみようか」と思いました。
今度、図書館で探してみよう、、、(買うと言わないところが、私らしくセコイ。ははは)
さて、映画は、一言でいえば、
心に深い傷を負った国選弁護士と、執行猶予がついた女性が、それぞれの過去と向き合い、それそれが心新たに再出発する成長物語」。
でも、こんな一括りの表現では映画の良さを語ったことにならないので、
もうちょっと丁寧に書きますね。
縦糸は男女の愛
横糸は家族の愛
学生時代の恋人が突然、姿を消し、
その後、北海道で再び会う時、判事と薬物保持者。
自然に心よせる二人なのだが、
家族を捨てる決心をして恋人とともに暮らそうと決意したその時、
彼女は突然、自らの命を絶つ。しかも自分の見ている前で。
以降、自分の責任を深く感じ、傷として抱えながら、国選弁護士をしていく主人公に佐藤浩市。
抑えた演技が本当によかったです。
また恋人役で最期まで謎だった女性に尾野真千子。
きれいでした。透明感がすごく良く出ていて、雪によく映える女性を自然にこなしていました。
今でも、なぜ、彼女が自らの命を絶ったのか、わからないのですが、
わからないからこそ余韻が残るのでしょうね。。。
映画では表現されていない彼女の過去がいっぱい想像できて、それはそれで、映画として成功だったと思います。
謎は謎のままが美しい。

さて、横糸は、家族。
彼女を取るという決意をした時から妻と子どもを裏切ったのですが、
その裏切りの代償として離婚。
以降、子どもが成長するまで仕送りを送りつづけ、
孤独な人生を送る寂しい主人公鷲田完治を演じる佐藤浩市はやっぱりうまい。
背中や手に孤独が漂っています。

結局、人生の縦糸も横糸もズダズダの主人公が、
ひとりの依頼人との小さな心の寄せ合いから、
「生きる」ことの大切さや、「家族」のこと、そして「人を愛する」ことを
静かに学んでいきます。
この依頼人は可愛いし、罪を贖うことを主人公に柔く伝えるという役所なのですが、
演じる本田翼ちゃんののびのびした演技とかっこいい足が良かったです!
彼女もまた心にいっぱい問題を抱えているという設定ですが、
自然体で気負わない生き方が、いつのまにか鷲田完治のこころをほぐしていく様子が、釧路の町と重なって良かったです。
つい最近、夫と高倉健さんの「駅」をBSで観たのですが、
設定は寒い北海道とか、場所も駅とか、
あるいは傷ついた女が場末でバーを細々と開いているとかとか、重なる部分もいっぱいあったのですが、
人が成長していく逞しさは、『起終点駅 ターミナル』の方が説得力があったと思いました。
自分の中で取り去り難い傷、癒えない傷、そして溜まってくる膿を抱えながら、
生きる事から卒業するのですが、
それは実は案外簡単だった、自分が変われば変わるんだということを主人公の目を通して
感じました。
線路はつづくよ、どこまでも。
続く線路は人生の終着点に繋がっているのかと思いきや、
実は人生の始発点にも繋がっていたんだよ、という強烈なメッセージを静かに映画は伝えます。
この映画は、
後から思うほど、じんわりとほのかに思い出す映画。
親子の愛情もあるいは周りの人たちとの関係も押し付けがましくなくて心地よいものでした!
心の中があったかくなる映画でした。
それからもう二つ。
映画で出てくる料理のシーン、ざんぎを作るシーンですが、すっごく美味しそうでした🎵
もう一つは釧路の町の様子がよかった!!!

久々に良い映画をみて、
夫と帰りにいろんな講評をしながら、「また今度映画見ようね」と次の映画に話が膨らみました!

|

« パリで複数の銃撃や爆発、100人超死亡 人質事件も | トップページ | 宜興紫砂壺 »

コメント

なんかよさそうですね。
誰もが人のつながりで救われ生きれること願います。
特にズタズタになった人、孤独感が強い人にぬくもりを。

投稿: あゆ | 2015.11.27 22:36

o(*^▽^*)o
あゆさん、オススメです!!!

投稿: せとともこ | 2015.12.01 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/62687809

この記事へのトラックバック一覧です: 『起終点駅 ターミナル』を観ました:

« パリで複数の銃撃や爆発、100人超死亡 人質事件も | トップページ | 宜興紫砂壺 »