« 改憲????? | トップページ | マイナス金利 »

2016.02.09

9条の会アピール

安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。

 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。

 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。

|

« 改憲????? | トップページ | マイナス金利 »

コメント

 「憲法は統治政権を制御するためにある」…昨年、国会のメーンテーマとなった安保法 制を憲法違反と決めつけた憲法学者たちの基本的な理論だと思う。民主党、社民党、共産 党、護憲派、9条平和、シールズなどは、これを論理的支柱とした。中心となったのは立 憲デモクラシーの会で、法学者の圧倒的多数がこれを支持している。
 市民は政治が刑法や民法をつくって支配する。したがって庶民が憲法にかかわる機会は すくなく、憲法は庶民ではなく、統治政権の行動を制限する目的で主権者が制定する。日 本の主権者は国民だから、国民がつくった憲法が安倍政権の行為を規制する。この主張に は安倍さんはほとんど反論もせず…にもかかわらず多数の横暴によって法案は成立した。
 これがメディアが流したニュース解説で、国民の認識として定着している。ただし、こ の認識の最初のスタートに立って「果たして、この平和憲法は民主的な手続きを経て国民が歴代の統治政権に与えた憲法だろうか?」の疑問から話しはじめると、結論は、まった く違ったものになるのだ。

 民主主義国の主権者は国民である。したがって、憲法は国民がつくって、それによって統治政権の行動を束縛している。それが民主主義国の憲法の特徴だろう。
 ところが、日本の平和憲法は、日本を占領していたアメリカ軍が日本政府と日本国民を取り締まる目的でつくった。その後日本は独立して…本当に独立したのかどうか、それも疑問で、だからこそこうして、その正統性と実効性を検証しなければならないのだが…つ まり、独立した民主主義国の安倍政権を統制してるのは民主主義でもなければ平和憲法で もない。アメリカではないのか? いまだに現実問題としては属国、半植民地状態だから、安倍政権は平和憲法や憲法学者を無視できる。立憲民主主義の論理を無視して、安倍政
権が暴走するのは、平和憲法が民主主義国の立憲民主主義にのっとてつくられた憲法ではなく、占領軍に押しつけられた植民地憲法だからではないのだろうか。
 憲法が植民地憲法なのに、それを民主主義憲法だと勘違いした憲法学者、ジャーナリス ト、政治家、市民運動…かれらの護憲活動って、自己矛盾してる。

投稿: 罵愚 | 2016.02.13 04:42

罵愚さん。
こんにちは。
あなたの論理の根拠については、いつも述べていただいているので、わかります。
この「押し付け憲法」論についてはいろんな学者のかたがたが議論、討論されています。
wikipediaにもまとめがあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%BC%E3%81%97%E4%BB%98%E3%81%91%E6%86%B2%E6%B3%95%E8%AB%96

わたしは押し付け憲法ではない、立場に立っているので、もしお時間がありましたら、
このサイトの記事もお読みください。

投稿: せとともこ | 2016.02.16 15:48

1945年(昭和20年)9月2日 休戦協定に調印
1947年(昭和22年)5月3日 日本国憲法施行
1951年(昭和26年)9月8日 サンフランシスコ条約署名

 歴史的事実として占領期間中に成立したことは否定できません。そのファクトを根底にできない反論は空論ですよ。多くの学者の意見だから、正しいとというのは立憲デモクラシーに特有の「裸の王様の論理」です。多数意見は正しいとはかぎりません。

投稿: 罵愚 | 2016.02.17 05:03

 むしろ歴史的な事実や現実から遊離したところで、あなたの護憲平和が成立している…その現実を直視するべきだと思います。
 日本の立憲民主主義は詐欺師の論理ですよ。

投稿: 罵愚 | 2016.02.18 05:48

押しつけ論争にあまり興味はありません。
どちらにももっともなところがあると思います。

問題は99条順守義務を軽く見る人が他者には自分らが作るルールには遵守させようと監視強化厳罰化もいとわないことです。」これを自己中といいます。


投稿: あゆ | 2016.02.24 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/63186146

この記事へのトラックバック一覧です: 9条の会アピール:

« 改憲????? | トップページ | マイナス金利 »