« 「母と暮らせば」を観ました | トップページ | TPP署名 »

2016.02.05

参院選、9条も争点?

参院選、9条も争点 改憲巡り首相答弁 衆院予算委というニュース。
=======
安倍晋三首相が憲法改正に向けた発言を際立たせている。4日の衆院予算委員会で、首相は「参院選でも訴えていきたい。3分の2の多数を形成しなければ憲法改正には至らない」と語り、夏の参院選では改憲を掲げ、発議に必要な3分の2の議席確保を目指す考えを鮮明にした。具体的な条文として、戦力不保持を定めた憲法9条2項も対象として取り上げている。

 民主党の大串博志氏は4日の質問で、「参院選では憲法9条の改正も争点として訴えていくのか」と追及した。これに対し、首相は就任後の国政選挙を振り返りながら「自民党の憲法改正草案がある。すでに衆院2回、参院1回、このことも掲げながら選挙を戦い、大勝を得た」と強調。さらに「(草案では)9条についても示している。2項は変えていくと示している」と訴えた。

 首相は1月10日に放送されたNHK番組で、今夏の参院選について「自公だけではなく、改憲を考えている責任感の強い人たちと3分の2を構成していきたい」と述べた。この日の予算委では、おおさか維新の会の下地幹郎氏が「私たちも憲法改正を国民に訴え、3分の2の勢力になりたい」と訴えると、首相は「敬意を表したい。3分の2の多数が形成されれば、国民投票に付される」と応じた。

 首相は3日の衆院予算委でも、憲法学者の多くが自衛隊の存在自体を違憲と指摘していると訴えながら、将来の9条2項の改正に触れた。4日の答弁でも、戦後の現行憲法の制定過程を取り上げて、「『指一本触れてはならない』と考えることで思考停止になってはならない。『天から降ってきたから、もう変えられない』ということではならない」と語り、改めて憲法改正に強い意欲を示した。
(上記ニュース原文ママ)
===========

ううううむ。
これはなんということか。。。

ちょっとこの問題、しっかりと考えていかなければと思います。
ううううむ。
うううむ。
ため息しか出ませんが。。。

 

|

« 「母と暮らせば」を観ました | トップページ | TPP署名 »

コメント

 まちがいなく、今年は選挙の年だろうね。ふりかえると、昨年は安保法制の年だった。野党は憲法論議をいどみ、自民党は本質の防衛政策で対抗しようとして論戦では完敗した。安保法制は憲法違反で、憲法を改正しなければ違憲立法になるという、野党の主張は正しい。法律論としては正しい野党の主張が破れて、安保法制は成立した。
 その結果、与党は国民の信頼を失うはずなのに、現実には安倍政権はピンピンしている。濁った目をして腐りかけてるのは野党のほうだ。平和憲法の欠陥に、国民の大多数は気づいている。この憲法では支那の膨張に対抗できない。アメリカ帝国主義の身勝手や国連の矛盾に嫌気がさしている。国内の護憲平和左翼の売国行為が支那や朝鮮の謀略に利用されたり、首謀者は加担してる疑いを感じている。
 今年の国会論戦でも、勢いづいてるのは野党だ。野党の追及はマトを得ている。疑惑は自民党議員にかかり、正義は民主党を押している。にもかかわらず、支持率は安倍政権を押し上げ、野党議員の目は腐敗している。安倍首相は衆参同日選挙で追い打ちをかけて、改憲勢力が2/3以上を確保して、憲法改正の足掛かりをつくる年にしようとしている。

投稿: 罵愚 | 2016.02.07 05:38

罵愚さん。こんにちは。
ご無沙汰しています。
私も試験が終わり、ようやく、ネット前に座れるようになりました。この間、気になるニュースがわんさかあったのですが、なかなか落ち着いて書けませんでした。
さて、改憲。
なんだか総選挙するとかしないとかとかとか。。。
うううむ。
私は先の安保法案の国会質疑、採決などをみていても、憲法を蔑ろにしていたやり方には反対だったのです。
もちろん、私は護憲派ですが、
いずれにしても、現憲法で決められた方法で「改憲」を問うことにはやぶさかではありません。
規定の数の国民が改憲を是とするなら、それはそれでそうなんでしょう(禅問答みたい)
そして、私は護憲で訴えていくのは今後も同じです。
と、いうことで、
これからも議論していきましょうね。
私ももう一回、憲法を勉強するわ。
何れにしても、私は戦争反対を強くつよく訴えているものです。。。

投稿: せとともこ | 2016.02.09 10:52

この記事読んでうちの感想と意見です。

自民党や保守派は戦術がうまく老獪です。またなにより「権力」に近いです。
ここでいう権力は漠然としているものです。うちの日記でいろいろ書いているのでそちらどうぞ。

9条守ろうという人達の意見はもっともですがそれでは勝てないと思います。


老獪な人達はごまかすのがうまいのです。
戦争法案反対が目立ちすぎ他が見えません。

対案は、対案=集団的自衛権は認めるになるのでおかしい理屈です。でもなにかしましたほうがいいし、多方面でいろいろ提示する必要がるでしょう。

9条は9条だけでは守れないと思います。

投稿: あゆ | 2016.02.12 11:07

あゆさん。
こんにちは。
確かにおっしゃるとおりです。
京都の本田さんは「安保、平和」ばかり訴えていたそうですが、
たしかに、これは争点ですが、争点の1つですもんね。。。
そして、あなたが言われているように、
9条だけで平和は守れないのも事実。
でも9条がなければ平和がもっと崩れるのも事実。

いつのまに、こんな時代になったのかと驚きながらの毎日です。
あんなに平和を誓い、9条を高らかに謳っていた憲法がいま、グシャグシャになりそう。

いずれにしても、
わたしができることは憲法を守ろうよ!と呼びかけていくことしかありませんが、ずっとずっとやっていくつもりだし、やっていきたいです。

投稿: せとともこ | 2016.02.16 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/63167431

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選、9条も争点?:

« 「母と暮らせば」を観ました | トップページ | TPP署名 »