« 「介護」についての勉強をしました🎵 | トップページ | 「高市氏言及の停波は違憲」 憲法学者ら見解表明 »

2016.02.26

報道ステーション特集が話題に!

Ccfs3hvuyaacfs0

昨日の報道ステーションの特集がいま、ネットで話題です。
この内容についてはここのサイトが詳しく文字起こしをしてくださっていますので、
特集をご覧ならなかった方はぜひ読んでください。

さてさて。
「押し付け憲法」とか言って、改憲を推進するのではなく、
本当に国民にとって必要な憲法が国民の側から出た時に、
改憲すればいいのでは、、、と私は思います。
そして、私自身はいまの憲法が戦後の日本を守ってきたと思っているので、
護憲派です。

|

« 「介護」についての勉強をしました🎵 | トップページ | 「高市氏言及の停波は違憲」 憲法学者ら見解表明 »

コメント

 そうかなぁ~、わたしは、ちっともそうは思いませんねぇ。押しつけられた憲法でも、良い憲法であれば守っていくのであれば、専制君主の政治であろうとも、開明君主であればその独裁に屈従することになる。歴史は30年戦争や市民革命を否定して絶対主義の時代に逆戻りしてしまう。
 あなたのような考え方がナポレオンやヒットラーやレーニンや毛沢東の独裁を許して、20世紀を大量殺戮の時代にしてしまった。共産支那や北朝鮮の人民が幸福に見えますか?
 よかろうと、悪かろうと、押しつけられた事実そのものが“立憲デモクラシーの理念”に違反しています。奴隷の幸福に甘んじた護憲論には、民主主義を名乗る資格はありません。

投稿: 罵愚 | 2016.02.27 04:49

 もうちょっと書かせていただければ“民主主義”とは、ひっきょう、国民が自分の統治権力を選択する政治制度でしょう。具体的には国民選挙になるのでしょうから、ナチス政権も東条内閣も民主主義の産物だと強弁する人はいるわけだ。しかし、マッカーサーのGHQを民主主義と呼ぶ人はいませんよ。もちろん、そこでも国民選挙は行われたわけですが、議決を超越した外国の軍政をいただいた民主主義はあり得ません。
 立憲デモクラシーもデモクラシーというからには立憲…すなわち憲法制定が外国の軍政下ではありえないでしょう。平和憲法の制定過程を立憲デモクラシーの憲法にふさわしいとは言えないわけです。護憲派や憲法学者は、ここのところを、どう考えてるんでしょうかね?

投稿: 罵愚 | 2016.02.29 05:03

罵愚さん。
丁寧なコメントありがとうございます。
お返事しなきゃと思いながら、花粉症で頭が痛くてゆっくりとパソコン前に座れませんでした。
さて、本当に示唆に富むコメントありがとう。

私も立憲主義についてはしっかりと勉強していきたいです。
以前、書いた記事ですがちょっと長くて恐縮ですが、お時間がありましたら、また読んでくださいね。
いろいろとご意見いただけたら嬉しいです。
お返事遅れるかもしれませんが、、、また考えていきたいです。
http://ts.way-nifty.com/makura/2005/05/post_0096.html

投稿: せとともこ | 2016.03.16 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/63266509

この記事へのトラックバック一覧です: 報道ステーション特集が話題に!:

« 「介護」についての勉強をしました🎵 | トップページ | 「高市氏言及の停波は違憲」 憲法学者ら見解表明 »