« ストロベリームーン | トップページ | ダッカの辛いニュース »

2016.06.24

英EU離脱問題 麻生財務相が離脱派大勢で「リスク憂慮」 黒田日銀総裁も「注視」

英EU離脱問題 麻生財務相が離脱派大勢で「リスク憂慮」 黒田日銀総裁も「注視」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000542-san-bus_all)
と、いうニュースが昼頃から飛び交っています。
====================

 欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国の国民投票で離脱派が大勢になり、急速な円高が進んでいることに関し、麻生太郎財務相は24日昼過ぎ、財務省内で緊急会見を開き、「足元で為替市場に神経質な動きがみられる。緊張感を持って注視し、必要なときにはこれまで以上にしっかり対応したい」と述べた。

 日米欧の先進7カ国(G7)で協調して為替介入を行ったかとの記者団の質問については「コメントすることはない」と述べた。

 麻生氏は「英国の国民投票の結果が出つつあるところ、世界経済、金融、為替市場等々、与えるリスクについては極めて憂慮している」と述べた。

 一方、日銀の黒田東彦総裁は24日、「内外の関係機関との連携を密にしつつ、国民投票の結果が国際金融市場に与える影響を注視していくとともに、(日米欧)6中央銀行間の(通貨)スワップも活用しつつ、流動性の供給に万全を期すことを通じ、金融市場の安定確保に努めていく」とのコメントを発表した。
=====================

どうなるんでしょう???
この先、見えない。
うううむ。

何れにしても、今後に注目です。

|

« ストロベリームーン | トップページ | ダッカの辛いニュース »

コメント

ほんとどうなるのでしょう?

あちこち「EUが問題の原因だ。」という理屈が「憲法が問題だ。」と似ているという指摘があちこちで見受けます。

うちとしてはそれより「主権」問題がとてもも気になります。
日本会議・自民党・うようよする声は大きい単位優先の価値観があります。(だから個々の尊重がうざくてしょうがない)

EUという大きい単位でなくUKというEUより小さい単位を優先。

イングランド・スコットランドという単位よりEUという単位を優先。
個々の自然人よりUKという単位を優先?


これこそ重要な問題と思います。
小さい単位はどこまで主権を預けていいのでしょうか?
預け先の大きい単位が小さい単位に過剰に干渉する歯止めはどこが保証?


投稿: あゆ | 2016.07.22 16:16

あゆさん。
なるほど。
鋭いご指摘、ありがとうございます。
確かに足元の主権。
そこが脅かされていることに気がつかず、遠くをみすぎている感がしないでもないですね、、、この頃の活動はとくに。

主権について、もっともっと勉強をし、伝え、対話するなかで、
民主主義ってなんだ、と考えていく必要、ありますね。
いつもながら、的確なアドバイスありがとう!sun

投稿: せとともこ | 2016.07.25 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/63823473

この記事へのトラックバック一覧です: 英EU離脱問題 麻生財務相が離脱派大勢で「リスク憂慮」 黒田日銀総裁も「注視」:

« ストロベリームーン | トップページ | ダッカの辛いニュース »