« プライム落語に行ってきました | トップページ | プライム落語に行ってきました  志らくさん「死神」 »

2016.08.22

ぷらいム落語に行ってきました  喬太郎さん「同棲したい」

プライム落語の続きです。

喬太郎さんの演目は「同棲したい」。
新作です。
まずマクラはいつもの喬太郎さん節。
会場に来るまでの距離感がとてもいいと言う話にはじまり、やがて路線にと進みます。
京成は懐かしいものがある。「分をわきまえている」。
一方、東急はどうか。終点ひとつまえの高島町の肩身の狭さはどうか。はたまた代官山の偉そうなことったらありゃしない。と駅になってガーガーと喋ります。
確かに、そうだよなと思いながらわらってしまいます。
そんなこんなでいよいよ演目に入ります。
話の筋は、会社でも一応の役を得、子どもも成長したお父さんが主人公。
やり残したことを、もう一度やろうと、一念発起。
なんと、それは「同棲」。
まず妻と離婚して、その妻と同棲するというハナシ。
中身は神田川や赤ちょうちんの世界。
その頃への原点回帰という喬太郎さんと同年代にはとても受けるハナシ。
笑いのツボがはまる年代が会場にはたくさんいて、かなり盛り上がっていました。
喬太郎さんご自身が秘めている青春への淡いロマンが見え隠れするハナシでした。

|

« プライム落語に行ってきました | トップページ | プライム落語に行ってきました  志らくさん「死神」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/64094895

この記事へのトラックバック一覧です: ぷらいム落語に行ってきました  喬太郎さん「同棲したい」:

« プライム落語に行ってきました | トップページ | プライム落語に行ってきました  志らくさん「死神」 »