« 第162回臨時国会 | トップページ | 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 »

2016.09.29

志布志の宣伝動画について

志布志のウナギ動画、話題になりました。
まとめサイトも立ち上がっています。
「志布志のうなぎ擬人化」は何が問題だったか 「なんでも差別なんだろ」と感じる人向けに述べてみる
また海外でも顰蹙をかったようです。
↓の記事などを参考にしてください。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/27/unagi-lady_n_12224274.html
======================
うなぎ養殖が盛んな鹿児島県志布志市が公開した、うなぎを少女に擬人化し男性が飼育するという「ふるさと納税」のPR動画「少女U」が差別的だとの批判が殺到し、公開から一週間足らずで削除された問題について、欧米メディアなどが「多発する日本の女性差別の例」として他の問題になった事例とともに続々と取り上げている。

フランスのAFP通信は、「日本の自治体が女性を貶めたとみなされる広告を作成し、炎上するのは初めてではない」と紹介。胸が強調された17歳の海女の萌えキャラで、反対署名を受けて撤回された、三重県志摩市の公認キャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」騒動を紹介している。

英ガーディアンは同様に「碧志摩メグ」やH.I.Sの「東大美女図鑑」の広告に言及、BBCでは乳牛になった少女が卒業式を迎えるというAGFの製品「ブレンディ」の広告を取り上げている。

さらに、米外交専門誌のフォーリンポリシーのサイトまでもが、「性差別ホラー映画」とのタイトルで取り上げ、「誘拐監禁された少女を想起させる」というツイッターユーザーの声を紹介した。

また、「史上初めての野党第1党の女性代表が誕生したにもかかわらず、この国は「まだ」女性の社会進出にモタついている」と厳しく批判。動画で少女が「養って」と発言するような、性別役割分業的な発想が背景にあることを示唆した。

■どんな動画だったのか

この動画は、納税への返礼品として送っている同市特産の養殖ウナギを紹介するのが目的で作成された。

内容は、真夏のプールで、スクール水着姿の美少女と出会うシーンから始まり、少女は「養って…」と一言。ナレーションの男性は「うな子」という名の少女に、食事や住環境を与え、翌年の夏、うな子は「さよなら」とプールに去るというもの。少女がフラフープを回すなどのポルノを想起させるシーンも出てくる。

ハフポスト日本版の取材に志布志市の担当者は「苦情が多数あったので公開停止した。差別の意図はなかった」とコメントしている。当初から女性職員からは疑問の声もあったが、「総合的な判断」で公開に進んだという。
(上記サイトより引用)
====================
海外でも話題になったのですねぇ。。。
私もすぐに見たのですが、正直、不快になりました。
ジェンダーとか性差とか、そういった視点でも「おいおい」と思うのですが、それについては何もこの動画だけでなくいっぱいあります。
そういったこととは別に全体に流れているナレーションのキモチ悪かったのかなぁ???
あの単調で静かな語り口が感情を抑制させ、美しさや喜びとか嬉しさとか、そうしたものが全て抜き取られていて、ひたすらアンニュイでグレーで曖昧な雰囲気を与えるような感がしました。
あれを宣伝ビデオにしようとした意図とかを後付けのように志布志の市役所担当は述べていましたが、
あの映像を見て「うわっ〜〜〜志布志っていいなぁ」って思う人がいると考えたのでしょうかねぇ???
いずれにしても、話題性だけはあったようです。

|

« 第162回臨時国会 | トップページ | 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 »

コメント

興味がなく何がもめたのかさっぱりわからないのです。

書かれた記事はまあわかるのですけど、あえて書かれていないことに触れたいです。
(動画見ていないのですけど)


うちの日記に書いていることの一部です。

児童ポルノもそうですけど

1基本的に当局検閲を好みません。

2道徳宗教右翼も好みません。

3ヘイトクライムは好みません。

この3つの原則からどうなのでしょう?

生む機械発言の大臣もいましたが
人はよく何かにたとえます。
このケースはうなぎを人間の女性にやらせたことに対する不快感

やらせたことまでは許せるけどその表現方法に対する不快感

では大人の男性がウナギをしてたら同じだけ反発したでしょうか?

うちにはそうは思えません。平等に反発する人もいるでしょうけど・・。

テレビバラエティの扱いから推測するとギャグか笑いにされるでしょう。
なぜか、ジェンダー問題いう人はそういうのにはいたって寛容の人が目立ちます。

次に女性はマイノリティではありません。
むしろ若干多いのでマジョリティともいえなくはありません。
これが中性の人だったら話は別です。


受け手の社会の状況の問題も少なくなさそうです。


うちはジェンダーフリーもアンチジェンダーフリーも好きになれません。(注意・・ちゃんと通じる人もいます)
だから日記にはジェンダーフリーでなく誰もが自分らしくとしています。

書いていたらきりがないのですけど
とにかくもやもやする騒ぎで賛同も批判もできません。
まとまりがない文ですみません。


こんなことよりうちはテレビのバラエティのほうがずっと不愉快な場面があります。
そちらのほうをむしろ批判したいです。

投稿: あゆ | 2016.10.07 17:00

あゆさん。
この動画、私もはじめはスルーしていたのですが、
朝のワイドショーで取り上げていて、ちょっと見たのです。
見たら、やっぱり「気持ち悪かった」です。
それがジェンダーとかそんなことでなくて、
とにかく全体に流れている気だるさが気持ち悪かったのですが、
それはそれとして、
多くの方がジェンダー視点で批判なさっていますね。
でもあなたのご指摘通り、テレビのバラエティの方がもっともっと悪質であると思います。
なんだか、こんなものを公共の電波を使って流すな、、、って思いますよね。
やっぱりマスコミは国民の目をはぐらかそうとしているんでしょうか、、、

投稿: せとともこ | 2016.10.13 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/64273733

この記事へのトラックバック一覧です: 志布志の宣伝動画について:

« 第162回臨時国会 | トップページ | 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 »