« 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 | トップページ | 2016年ノーベル医学生理学賞 »

2016.09.30

混迷の豊洲問題

豊洲市場予定地、調べれば調べるほど、なんだか危険が増してきそうなこの頃。
29日のNHKニュースで以下の報道がありました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都は、豊洲市場の敷地で行っている地下水のモニタリング調査で、環境基準を上回る有害物質のベンゼンとヒ素が検出されたと発表しました。
このモニタリング調査は、豊洲市場の土壌汚染対策の工事が完了したことを受け、おととし11月から2年間かけて行われていて、29日発表されたのは8月下旬に行われた8回目の調査結果です。

都によりますと、豊洲市場の青果棟のある敷地の3か所から採取した地下水のうち2か所で環境基準を上回るベンゼンが検出され、それぞれ環境基準の1.1倍となる1リットル当たり0.011ミリグラムと、1.4倍となる0.014ミリグラムでした。残る1か所の地下水からは環境基準の1.9倍となる1リットル当たり0.019ミリグラムのヒ素が検出されました。過去7回の調査ではいずれも有害物質が基準値を下回っていましたが、今回、初めて基準値を超えました。

地下水のモニタリング調査をめぐっては、小池知事が、すべての調査結果が出るまでは安全性を確認できないとして11月7日に予定されていた豊洲市場への移転の延期を決めています。29日の調査結果について都は「速報値のため、詳しく分析するとともに、専門家の意見を聞いて適切に対応したい」としています。
専門家「このままでは土壌の汚染も」
これについて土壌汚染などの環境問題に詳しい京都大学大学院工学研究科の米田稔教授は「飲むことがない水なので、今のところ人体への影響はないと考えられる。ただ地下水の水位が上昇し、有害物質を含んだ水が上がってきているおそれがあり、このままでは有害物質を除去した土壌も汚染されるおそれがある。地下水を管理するシステムを早く動かして水位を下げることが必要だ」とコメントしています。
(NHKニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらら。
それにしても、一体、なぜ豊洲という問題が曖昧なままですが、
今日(30日)の羽鳥慎一モーニングショウでかなり突っ込んだことが明らかになりました。
花輪智史という当時民主党の議員が、「反対」から「賛成」に変えたことで、
1票の差で豊洲になったそうです。
私は花輪さんのことは知らなかったのですが、知る人ぞ知っていたようで、花輪さんの検索をかけたら
出てきました、、、当時のことが。
うううむ。
花輪さんはいま、この豊洲問題、どのような思いで見ているのだろうか???

|

« 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 | トップページ | 2016年ノーベル医学生理学賞 »

コメント

日記に豊洲は書いていませんが
どうも違和感だらけです。


1自民党は推進していた。批判意見を批判していた。
(謝罪は?)

2豊洲の安全性は?
築地の安全性はどのくらいでした?
両者を比較調査していないの?


3予算と契約の不明瞭

4権限に見合う管理能力と責任能力

5過程をすべて記録に残していない責任
(義務化の条例と履行しているか監督する第三者機関の必要性。)

6議会が調査不十分では?不毛な議論に明け暮れていないの?

7耐震問題


とにかく慎重な声をおさえて強引に進めた問題は大きいようです。
あの時反対意見に受け止めちゃんとしていたらこんなことになならなかったでしょう。


注意・・人権保護(特に立場弱い人)など時間がなくとにかく強引に進めなくてはいけない場合もあります。

投稿: あゆ | 2016.10.07 17:10

 環境基準というのは飲み水としての基準だそうですから、豊洲の地下水で検出された程度のヒ素やベンゼンは飲んだりしないものですし、地下水を汲み上げても浄化して排水するシステムになってますから、まったく健康には影響ありません。
 自動車の排気ガスのほうがよっぽど人体にとっては有害です。

 しかも基準を越えたのは200ヶ所の調査を8回やって7回まではゼロで、8回目になって3ヶ所ですから、累計でいうと1600ヶ所中3ヶ所で、1%を下回っているということになります。今までは基準以下でしたし、誤差というほかないでしょう。

>それにしても、一体、なぜ豊洲という問題が曖昧なまま
 全然曖昧じゃないですよw
 今ある築地市場があまりにも古くて狭くて不衛生で、建材にアスベストも撤去できない部分で使われていて、それなのに狭すぎて建て替えも不可能だから一刻も早く移転しなければいけないんですが、運良く都心にも近く交通至便な豊洲に東京ガスの工場跡地があったので、そこに新市場を作ろうという話になったんです。
 都心近辺にそんな広大な空き地がほかにあるわけもなく、豊洲以外に選択肢がないのが実状でもあります。

 豊洲に移転するにあたり、法的にも手続き上もまったく瑕疵はありませんし(しいて言うなら広報が足りなかったぐらい)、衛生面や環境面、安全面も築地市場より豊洲新市場のほうが上ですし、移転を拒む正当な理由はないんですよね。東京ガスの工場跡地ということで懸念されていた汚染物質も対策が取れほとんどが除去されました。

 東京都の役人と都議会議員を血祭りに上げたい小池知事が騒いで、知名度を上げたい森山某という建築家がデマをまき散らし、視聴率や部数を上げたいマスコミが乗っかった、という愚かな構図ですよ。

投稿: さくらみらい | 2016.10.08 15:50

あゆさん。
さくらみらいさん。
こんにちは。
ご無沙汰しています。
お元気でしょうか?
私は10月からまた放送大学2学期が始まり、バタバタしています。
さらに国会が紛糾していたり、
野球がいよいよクライマックスシリーズ突入で、本当にバタバタ。
そんな中、
ワイドショーは相変わらず豊洲問題とオリンピックで盛り上がっていますね。

個人的には、
風評被害でいまだに辛い思いをしている福島の生産農家と繋がるものがあって、この問題の落とし所がどこになるのか、しっかりと見ていこうと思っています。
またご意見、お聞かせください。

投稿: せとともこ | 2016.10.13 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/64279218

この記事へのトラックバック一覧です: 混迷の豊洲問題:

« 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 | トップページ | 2016年ノーベル医学生理学賞 »