« 森友学園 | トップページ | どうなる森友学園 »

2017.02.22

不透明なことが多すぎる森友学園の小学校

ここ数日は安倍晋三記念小学校の話題がツィッターで盛り上がっています。
私もずっと、ずっと、ずっとこの問題を追っかけています。
ようやくテレビ、メディアでも取り上げるところが出てきたり、
新聞でも記事になるようになりました。
先日は荻上チキさんの番組に話題の籠池理事長、その人が登場。
私も1時間くらいかけての大演説(?)を聞きましたが、正直疲れました。。。
さて、いろんなまとめがあるのですが、
今日は朝日新聞の社説を紹介します。
http://www.asahi.com/paper/editorial2.html?iref=sp_opi_editorial_list_p

================
国有地を売る場合、厳格な価格決定と透明性は欠かせない。この基本から逸脱していなかったか、検証が必要だ。

 財務省近畿財務局が、大阪府豊中市の国有地(8770平方メートル)を学校法人「森友学園」(大阪市)に近隣国有地の約1割で売っていた。当初、国は価格を非公表にしていた。なぜこの値段で、なぜ表に出さなかったのか。不可解なことが多い。

 国の説明によると、この土地は同学園が4月に開校する小学校予定地。地下に廃棄物が埋まっているため、鑑定価格の9億5600万円から、ごみ撤去費などとして8億円余りを差し引き、1億3400万円で売ったという。だが学園側は、実際の撤去費は「1億円くらい」と述べた後、「はっきりわからない」などと取材に答えている。

 格安で売ったのではないか。この疑問に財務省は「適正な時価だ」と説明する。しかし学園側がごみをすべて撤去したのか確認もしていない。非公表の理由も学園側の要望という。あまりに厳格さを欠いていないか。

 過去には別の学校法人が7億円前後でこの土地の取得を希望したが、財務局から「価格が低い」といわれ、断念した。当時の経緯とあわせ、今回の売却の流れを詳しく調査すべきだ。

 森友学園をめぐる問題はこれだけにとどまらない。

 学園が運営する幼稚園のホームページには、元保護者をののしる文書が掲載されていた。

 「巧妙に潜り込んだ韓国・中華人民共和国人等の元不良保護者であることがわかりました」

 府が学園から事情を聴き、その後、学園は「誤解を招く表現があった」として削除した。府は22日の私立学校審議会で、同学園の小学校の認可等を審議する。開校に向けた準備状況などをしっかり議論してほしい。

 気になるのは、この小学校の名誉校長に、安倍首相の妻の昭恵氏がついていることだ。

 17日の衆院予算委員会でこの点を問われた首相は「妻から学園の先生の教育への熱意はすばらしいという話は聞いている」などと語った。

 一時期、学園は「安倍晋三記念小学校」の文言で寄付金を集めていた。首相は土地払い下げや学校認可への関与を否定し、「関係していれば総理も国会議員も辞める」と答弁した。

 学校のホームページには昭恵氏の写真の横に「内閣総理大臣夫人」とある。少なくとも差別的な言動が問題視される法人の学校に名誉校長として名を連ねることが適切か、首相自身が慎重に判断するべきではないか。
(朝日新聞社説より)
==================

本当に。
この問題、闇に葬られることなく、しっかりと事実、真相を明らかにしてほしいです。
私も、これからも追って行きます。
何か新しいことが出たら書きます。

|

« 森友学園 | トップページ | どうなる森友学園 »

コメント

あれほど一部の不正受給で大騒ぎし監視強化する人たちはどこに?
「なめんなよ!」はこういうときにこそ使うものですよ。

投稿: あゆ | 2017.03.23 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/64925561

この記事へのトラックバック一覧です: 不透明なことが多すぎる森友学園の小学校:

« 森友学園 | トップページ | どうなる森友学園 »