« 現憲法と自民党の改憲草案の比較 | トップページ | 森友学園 »

2017.02.16

稲田さんと金田さんって???

Pk2017021602100057_size0
(東京新聞のイラストより)

この間の国会の迷走をずっとテレビで見ながら、
呆れるばかりでした。
ここにも書こう、書こうと思いながらも、
書く暇もないくらい次から次と暴露される杜撰な実態に、
追いつけませんでした。
が、
東京新聞からちょうど纏め的記事が出たので、載せておきます。

==================
稲田朋美防衛相と金田勝年法相が、閣僚の資質を国会で連日問われている。トランプ米政権の発足で日本の安全保障政策の先行きに不透明さが増す中、稲田氏は基礎知識の不足や南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題で立ち往生。「共謀罪」の趣旨を盛り込む組織犯罪処罰法改正案が今国会最大の焦点になるにもかかわらず、担当する金田氏の答弁は迷走を続けている。民進、共産、自由、社民の野党四党は十五日の国会対策委員長会談で、両氏に辞任を迫る方針を確認した。(大野暢子)

 稲田氏は十四日の衆院予算委員会で武器購入に関する質問に即答できず、民進党の長島昭久氏に「税金を使ってやっている議論ですよ」と注意された。約三十分の間に審議が五回中断した。この日に限らず、稲田氏は質問を受けても自席で困惑顔で首をかしげたり、防衛省職員から耳打ちされる場面が目立っている。

 八日には、南スーダンPKOに派遣された陸上自衛隊の日報に記載された「戦闘」に関し、「憲法九条上の問題になる言葉を使うべきではないから(国会では)武力衝突という言葉を使っている」と発言。憲法への抵触を避けるために言い換えていると受け取られかねない説明をした。

 同じ日の審議で、金田氏の答弁が野党の失笑を誘う場面があった。「共謀罪」を新設する法案は国会提出後に議論すべきだとする文書を記者向けに配布した後に撤回した問題に関し、野党から「撤回や謝罪だけでは事態を収束できない」と追及され、「ちょっと私の頭脳で対応できなくて申し訳ない」と居直った。

 三日には、「共謀罪」がないと準備段階では取り締まれない実例として「サリン以外の薬品を用いた殺人」を挙げたが、薬品名を問われると「具体的な薬品を想定していない」と答えに窮した。

 一月の参院予算委でも、同じような不用意な答弁があった。判例では「共謀罪」がないとテロを準備段階で立件できない場合があると説明したのに、具体例をたずねられて「『判例的な考え方』を申し上げた」と説明を変えた。
(東京新聞から http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201702/CK2017021602000138.html)
=====================

うううむ。
なんなんだ、この大臣たちは。。。
確かに国会中継を見ていても、お粗末な答弁を繰り返す厚顔には呆れるやら、
ため息やらのこの頃です。。。

|

« 現憲法と自民党の改憲草案の比較 | トップページ | 森友学園 »

コメント

どうも突っ込み足りないような。ていうか事件は豊洲同様、共謀罪から目をそらすためにしか見えません。
本丸の某政治団体(思想集団)にメスが入ることもなく個人責任に収まりそう。

投稿: あゆ | 2017.03.23 15:03

あゆさん。
こんにちは。
お変わりありませんか?
私は花粉症でグスンぐすんの毎日です。
頭がぼっ。でも世の中がめまぐるしくて付いていくのに大変なこの頃です。
さて、
ご指摘のように、共謀罪などが影に隠れてこっそりと行われようとしていますね。。。
なんだか本当に慌ただしい春ですが、お互い、体だけは気をつけて書いていきましょうね🎶またお声聞かせてください!

投稿: せとともこ | 2017.04.05 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/64899765

この記事へのトラックバック一覧です: 稲田さんと金田さんって???:

« 現憲法と自民党の改憲草案の比較 | トップページ | 森友学園 »