« 「自分を知り、自分を変える」を読んで その6 | トップページ | 「自分を知り、自分を変える」を読んで その8 »

2017.08.15

「自分を知り、自分を変える」を読んで その7

「自分を知り、自分を変える」第7章
「「どう感じるだろうかを知る
===========
人の感情とは案外長続きしない。
愛する人を失う、あるいは好きなチームが負けると、人はどこまで感情が続くか、もう立ち直れないのではと思うが、実際は立ち直る。
愛する人が亡くなって悲しい、失って寂しい。
しかし、いずれその感覚は薄れて日常を戻す。
もちろん、何かの折には思い出す。
贔屓のチームが負ける。
悔しい、残念。
しかし、次の試合のことをもう考える。
このように人には回復力がある。
つまり、自分の性格にしても、感情や将来の姿などには限られたアクセスしか人は持たない。
=============

|

« 「自分を知り、自分を変える」を読んで その6 | トップページ | 「自分を知り、自分を変える」を読んで その8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/65667381

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分を知り、自分を変える」を読んで その7:

« 「自分を知り、自分を変える」を読んで その6 | トップページ | 「自分を知り、自分を変える」を読んで その8 »