« 「自分を知り、自分を変える」を読んで その10 | トップページ | 加計学園に留学生が来るのか? »

2017.11.06

「思い出は満たされないまま」を読んで

「思い出は満たされないまま」乾緑郎の本を読みました。
面白かったです。
あまり書くとネタバレになるのでサラリと書きますが、
とにかく不思議な物語でした。
マンモス団地に住む人々がある一点で交錯して、
過去に未来に、そして現在で行き交うのですが、
それが優しくもあり、切なくもあり、哀しくもあり、嬉しくもありました。
あああ、、、、こんな団地に住んでみたいと思いながら本を閉じたものです。
ファンタジー、SFのカテゴリーに入るのかな、それともミステリーだろうか。

いずれにしても、読み終えた後、清涼感いっぱいの本でした。

|

« 「自分を知り、自分を変える」を読んで その10 | トップページ | 加計学園に留学生が来るのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/66010597

この記事へのトラックバック一覧です: 「思い出は満たされないまま」を読んで:

« 「自分を知り、自分を変える」を読んで その10 | トップページ | 加計学園に留学生が来るのか? »