2016.11.30

113番元素「ニホニウム」に正式決定 日本が初の命名

113番元素「ニホニウム」に正式決定 日本が初の命名というニュース。
すごいですね。
ある意味、ノーベル賞よりすごいよね。
ずっと、ずっとずっと、この元素が元素表に残るんだよね。。。
素晴らしい。
===================
物質の基になる元素のうち、日本の理化学研究所のグループが発見した「113番元素」について、化学に関する国際機関は、日本という言葉を取り入れた「ニホニウム」という名前に正式に決定しました。元素に、日本が命名した名前が付けられるのはこれが初めてで、アジアでも初めてのことになります。
物質の基になる元素のうち、九州大学の森田浩介教授を中心とする理化学研究所のグループが、12年前に埼玉県和光市にある大型の実験装置を使って人工的に作り出すことに成功した113番目の元素について、化学に関する国際機関、「国際純正・応用化学連合」は去年12月、正式に元素として認定し、命名権を日本に与えました。

これを受けて、理化学研究所のグループは、名前と元素記号の案をことし3月に国際機関に提出し、国際機関がふさわしいものかどうか審査を行ってきました。

その結果、国際機関は「113番元素」の名前を、日本の提案どおり、日本という言葉を取り入れた「ニホニウム」(nihonium)に正式に決定し、日本時間の30日午後5時に、ホームページ上で発表しました。

また、合わせて元素記号も日本の提案どおり、「Nh」に正式に決定しました。元素に、日本が命名した名前が付けられるのはこれが初めてで、アジアでも初めてのことになります。

今回の決定で、世界中の教科書などに掲載されている、すべての元素を一覧にした周期表に「ニホニウム」の名前が書き加えられることになります。

「ニホニウム」という名前と、「Nh」という元素記号は早速、化学に関する国際機関「国際純正・応用化学連合」のホームページにある周期表に書き加えられています。
(上記ニュースより)
====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.04

2016年ノーベル医学生理学賞

ノーベル医学生理賞を受賞した大隈先生。
おめでとうございます。
すごいですね、、、
大隈先生の成果もさることながら、
3年連続日本は受賞ということで、ニュースになっていましたが、
大隈先生も言われているように「基礎科学の充実こそが大事」なのだろうな、、、と改めて思うものです。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/03/osumi-press-conference_n_12309182.html
====================
2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん(71)。
受賞決定直後の10月3日夜に、東京工業大学で記者会見した大隅さんが繰り返し語ったのは、短期的な成果に直結しない基礎科学を追究する科学的精神の重要さ、そして、それがなかなか許されなくなっている社会への憂いだった。
okuma

■「人がやっていないことをやる方が楽しい。サイエンスの本質」

「オートファジー」という、細胞がたんぱく質を分解する作用は、大隅さん曰く「ゴミためだと思っていたところから」のスタートだった。

私は競争があまり好きではありませんで、人がよってたかってやっているより、人がやっていないことをやる方が楽しいんだと、ある意味でサイエンスの本質みたいなことだと思っております。誰が一番乗りかを競うより、誰もやっていないことを見つけた喜びが研究者を支えると常々思っています。

■「私は大変憂えている」

「少しでも社会がゆとりを持って基礎科学を見守ってくれる社会になってほしい」。会見で大隅さんはそう繰り返した。しかし「そういうことがなかなか難しい世の中になっている」「私は大変憂えている」とも語った。

サイエンスはどこに向かっているのか分からないが楽しいことなので、これをやったら必ずいい成果につながるというのが、サイエンスは実はとっても難しい。そういうことにチャレンジするのが科学的精神だろうと思っているので、少しでも社会がゆとりを持って基礎科学を見守ってくれる社会になってほしい。

何とかなるさという精神で、いろんなことにチャレンジしてくれる人たちが増えてくれることを強く望んでいる。ただ、そんな易しいことではないので、社会が支えるような環境を少しでも作れれば。

背景には、政府による学術研究予算の削減が続いていることがある。

東大、筑波大、早稲田大など日本の主要11大学でつくる「学術研究懇談会」は2016年7月、国公立大学の運営費交付金と私学助成の削減が10年以上続き、「成果目標が明示的である競争的な事業補助金への移行が強まっている」と指摘。その結果、「短期的成果を求めて出口指向を強める方向の研究に過度に傾きつつある」と警鐘を鳴らしている。
私は「役に立つ」という言葉がとっても社会をだめにしていると思っています。数年後に事業化できることと同義語になっていることに問題がある。本当に役に立つことは10年後、あるいは100年後かもしれない。社会が将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなあと強く願っています。
(上記サイトより)
====================

日本がいま、こうしてノーベル賞を取っているのは、
いままでの研究が成果や実績に追い立てられるものでなく基礎研究を丁寧におこなった結果、ついてきたものです。今後の日本の研究者が業績や、成果や実績にお尻を叩かれる劣悪な環境の中で果たしてノーベル賞をとれるかどうかは不明です。

いずれにしても、
大隈先生の研究は夢があってロマンがありますね。
また勉強していきたいなぁ〜〜〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.09

113番元素の元素名案「nihonium(ニホニウム)」

113番元素の元素名案「nihonium(ニホニウム)」、元素記号案「Nh」のパブリックレビュー開始ということで名前が決まりましたね!!!(http://www.riken.jp/pr/topics/2016/20160608_1/)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
理研仁科加速器研究センター超重元素研究グループの森田浩介グループディレクター(九州大学大学院理学研究院教授)を中心とする研究グループ(森田グループ)※が、国際純正・応用化学連合(IUPAC)へ3月18日に提出した113番元素の元素名案および元素記号案について、本日、IUPACによるパブリックレビューが開始されました。元素名案は「nihonium(ニホニウム)」、元素記号案は「Nh」を提案しました。

森田グループは、理研の重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(RIBF)」の重イオン線形加速器「RILAC」を用いて、2003年9月から新元素の合成に挑戦してきました。2004年7月に初めて原子番号113の元素合成に成功し、その後、2005年4月、2012年8月にも合成に成功しています。そして、2015年12月31日、森田グループによる113番元素の発見が、IUPACにより認定され、同グループに命名権が与えられました。
(理研のサイトより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こうしたニュースは嬉しいですね🎶
今後、どのような研究に続いていくのか、、、
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.03

放送大学 通信指導

いま、放送大学の中間テストのような位置付けの通信指導をネットで送りました(これを送らないと単位試験が受験できない)。
今回は5教科を受講。
交通心理学
発達心理学
社会心理学
心理学研究法
そして教育心理学外論。

教育心理学概論が40点(100点満点中)。
ガビィイイイイン。

ショック。
落ち込んでいます。
40点。。。
ぎゃ〜〜〜
これからが不安。

と、いうことでまぁ、化石のような頭を鞭打ちながら頑張ります!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.04.06

滋賀大学長 文系軽視、教育後進国並み…文科省を批判

滋賀大学長 文系軽視、教育後進国並み…文科省を批判というニュース。
==============
滋賀大(滋賀県彦根市)の位田隆一学長(68)は5日、入学式のあいさつの中で、国立大の人文社会科学系学部の改組や廃止を求めた文部科学省の昨年の通知に言及し、「世界の教育後進国と言われても仕方がないほど嘆かわしい」と厳しく批判した。

 位田学長は、国立大の法人化についても「期待通りの成果を得られていない」と指摘。「人文・社会系学部や教育系学部の廃止や再編成を求められ、教育学部と経済学部を擁する滋賀大は激震を受けている」などと訴えた。

 さらに、国立大はさまざまな批判と要請に直面しているとし、「多くは的外れで、大学の役割が十分に理解されているとは思えない」と語った。位田学長は京都大法学部教授などを経て今月1日付で学長に就任。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国際生命倫理委員会委員長も務めた。

 文科省は今年度から6年間の中期目標・計画で人文社会科学系の改組や教員養成系の新課程の廃止を要請。滋賀大も組織見直しを図り、来年度にデータ・サイエンス学部(仮称)を新設する予定。【西村浩一】
===============

うううむ。
学問って目の前の成果だけじゃないんですよね。
文系の学問や基礎の学問がしっかりしてこそ、
その上に新しい技術や発明があるんですよね。

文科省も目の前だけにとらわれず、
先の長いものさしで教育にかかわってほしいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.04.05

今日から放送大学2年目!!!

Imgp2155

今日から放送大学2年目です。
今学期は交通心理学、心理学研究法、発達心理学概論、教育心理学概論、社会心理学の5教科と面接授業を2つとる予定です。
認定心理士の資格には38単位必要。
昨年は22単位を取得したので、今年一年で16単位をとる予定ですが、なかなか大変です。。。

今日は交通心理学の授業をテレビで聴講。
モビリティが発達して、それと同時に交通事故も多くなったのですが、その背景や原因を社会的なものと人的なものとから総合に判断していくという授業。
気がついたら寝ていました、、、ははは

先が長いわ。
でも、それはそれとして、楽しく勉強しています!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.12.04

国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算

書こうと思いながらバタバタしていて書けなかったニュースの一つがこれ。
国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算というニュース。
=================
文部科学省は1日、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度には93万円程度に上がるという試算を示した。大学の収入の核となる国の運営費交付金が大幅に減らされる可能性があり、大学が減らなければ、授業料で減収分を賄う必要性があるという。

 財務省は、全86国立大学の収入の3~4割を占める運営費交付金約1兆1千億円を31年度までに約9800億円にする方針だ。この日の衆議院文部科学委員会の閉会中審査で、畑野君枝委員(共産)が、減収となった際の対応を尋ねた。

 文科省の常盤豊・高等教育局長は「授業料で賄うとして試算すると(31年度には)約93万円。年間2万5千円の値上げが必要」と答えた。馳浩文科相は「学生になるべく教育費負担をかけないようにする必要がある」として、来年度予算で交付金の額を充実する考えを示した。
財務省は10月、「財政制度等審議会」(財務相の諮問機関)に、31年度まで交付金を毎年1%ずつ削減することを提案。減収分の確保策として、大学の自己収入約7370億円(13年度)を年1・6%ずつ増やすために授業料引き上げを例示した。少子化で国立大の志願者が減っており、倍率は04年度の4・7倍から今年度は4・0倍に下がった。今後、質の低下が心配されるため、交付金を絞って国立大はどのくらいが適正規模なのか、再考につなげたい考えだ。

 反発する文科省は、11月に公表した資料で交付金が過去12年間で12%減らされたことを強調。すでに教員の年俸制導入などの改革を進めていることや若手教員の常勤雇用が減っている現状を訴えた。

 法科大学院を除く国立大の授業料(標準額)は、省令で年53万5800円と定められている。大学は1・2倍の約64万円を上限に自由に設定できるが、ほとんどが標準額と同額だ。

 文科省によると、国立大の授業料は、40年前は3万6千円。1984年度に25万円を超えた後は、ほぼ2年おきに値上げ。03年度に約52万円となり、05年度から現在の標準額になった。私立大の平均は13年度で約86万円。(高浜行人)
(上記ニュースより原文まま)
===============


うううむ。
これは大変。
本当に大変。
それでなくても、学費が高くて、
親の収入格差が学歴に反映しているこのごろ。
これじゃ、広く深い学問が保障されないよね。
ううううむ。
この国は本当にどうなっていくのだろう???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.12.03

<はやぶさ2>注目、今夜地球へ接近 「スイングバイ」で

<はやぶさ2>注目、今夜地球へ接近 「スイングバイ」でというニュース。
==============
小惑星探査機「はやぶさ2」が3日、地球の引力を使って軌道を変更し、加速する「地球スイングバイ」のため、地球へ接近する。打ち上げからちょうど1年、久しぶりに地球へ近付くはやぶさ2の雄姿を記録しようと、国内外の天文台がはやぶさ2の撮影に挑む。

地球スイングバイは、地球をかすめて通ることによって、地球の引力と地球が公転するスピードを利用し、ほとんど燃料を使わず軌道や速度を変える探査機の航行技術。昨年12月3日に打ち上げられたはやぶさ2が、地球と火星の間の軌道にある目的地の小惑星リュウグウへかじを切る重要なミッションだ。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した最新の軌道では、最接近は3日午後7時8分ごろ、米ハワイ上空の3090キロを通過する。はやぶさ2は3日、地球へ接近しながら早朝に米西海岸から太平洋を横断し、正午ごろに日本上空を通過。その後、ロシア上空でUターンし、シベリア上空から太平洋を南下して南極へ抜ける航路を飛行する。

 はやぶさ2の機体は小さく非常に暗いため、肉眼では見えない。一方、太平洋上を通過するため、大きい望遠鏡や高感度カメラで日本から撮影できる可能性がある。「撮影キャンペーン」を実施する日本惑星協会によると、北海道から沖縄までの30カ所以上の天文台、海外でも米国、ニュージーランドの天文台が撮影に挑む。日本気象協会によると、3日は二つの低気圧の影響で全国的に荒天だが、関東地方や太平洋側の一部で午後から晴れるという。
(上記ニュースより)
==================

肉眼ではみることができないのですが、
それでもワクワクしますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015.10.21

放送大学、政権批判の問題文削除 と言うニュース

学問・資格 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.10.07

ノーベル物理学賞 梶田さん

昨日に引き続き、今日もノーベル賞の話題。

凄いですね。。。

今度は物理学賞。
東京大学宇宙線研究所の梶田隆章教授。
おめでとうございます!!!
ニュートリノに質量があることを発見したという業績。
昨日から今日にかけてずっとワイドショウーを見ていますが、
さっぱり分からない私です。
が、
「知の地平線を拡大する作業」 梶田さんが語る科学の魅力とは…と言うニュースにも書かれているように、本当に科学のロマンを求めて「知の地平線を見据えて研究」し続けて来た梶田さん。
ステキですね。
==================
ノーベル物理学賞に輝いた東京大宇宙線研究所の梶田隆章教授(56)が7日、産経新聞の取材に応じ、「当初は頭の中が真っ白だったけれど、日付が変わって、じわじわと喜びがわいてきた」などと受賞の喜びを改めて語った。

 科学の魅力について梶田さんは、「科学は人類が広い意味で協力して知の地平線を拡大する作業。一人一人の研究者ができることはそれほど大きくないが、自分が拡大していくプロセスが醍醐味(だいごみ)」と話した。

 若者の理科離れが進んでいることにも触れ、「だからこそ、科学研究の楽しさを多くの若い人に知ってもらえるような取り組みを、地道に続けていきたいと思っている」と強調した。
(上記ニュースより)
===================


これからの子どもたちに夢いっぱい与える教育が保障されたらいいな、、、と思いながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧